スケール練習 オルタード・スケール1

 ドミナント・セブンスコード上で使用する緊張感の高いオルタード・スケール(Alterd)を勉強します。
長3度音程と短3度音程が共存する不思議なスケールです。

Cオルタード・スケール

 ドミナント(属和音)はトニック(主和音)に進行します。
ここではわかりやすく、keyCまたはkeyCmに進行するものとしてGオルタードで説明します。

Gオルタード・スケール

  6弦ルート    5弦ルート
     

譜例1

3度音程反復進行

譜例2

3連符反復進行

譜例3

16分音符反復進行

譜例4

3声アルペジオ

譜例5

4声アルペジオ

上記オルタード・スケール上にできるアルペジオ(コード分散)のネームは順に
Gm7(♭5)、A♭mmaj7、B♭m7、Bmaj7(♯5)、D♭7、E♭7、Fm7(♭5)と、なります。