アルゼンチンの旅

                         


 2008年10月末から11月あたまにかけて南米のブラジルとアルゼンチンを旅してきました。
10日間という限られた時間の中でこの2カ国を移動しました。
行程は東京からブラジル(ヒューストン経由)→ブラジルから
アルゼンチン→アルゼンチン(ヒューストン経由)から東京です。
東京→ブラジル、アルゼンチン→東京間はいずれも30時間にも及びます。
ブラジル4泊、アルゼンチン2泊という短い滞在でしたがこのページではタンゴにふれるアルゼンチンの旅を綴ります。


 今回アルゼンチンの宿泊地はタンゴ発祥の地として有名なブエノスアイレスです。
ブエノスアイレスはヨーロッパからの移民を数多く受け入れてきた港町という背景をもっています。
したがって、街並みは美しく、洗練されたヨーロッパ的建築物が歴史を感じさせることからも
「南米のパリ」と呼ばれています。

Plaza Coronel Dorrego

 アルゼンチンのブエノスアイレスに到着したのは日曜日の午後でした。滞在2日間は素晴らしい青空の連続。
ちなみにブエノスアイレスとはスペイン語でよい(buenosu)空気(aires)という意味です。
ぼくのスペイン語の先生がかつてこの地に住んでいたことがあったので旅行前にいろいろ観光名所を教えてもらいましたが
2日間では当然すべてをまわることはできませんでした。
とりあえず、タンゴにゆかりのある場所に焦点を絞ることにしました。
 ブエノスアイレスの国際空港に降り立ち、ホテルのある中心地までタクシーで30分ほどで移動。
ちょうど日曜日はホテルの近くのドレーゴ広場で骨董品市がひらかれているとのことなのでチェックイン後、
散歩がてら行ってみる。

   

あまり期待しないで訪れたドレーゴ広場は、予想をはるかに超える人出で楽しいお祭りのような状況で驚きました。
広場には露天の骨董品店や民芸品店がたくさんあり、男女のカップルがタンゴを踊っています。
広場へと続く通りでは様々なパフォーマー、ストリートミュージシャンらがたくさんおり、その通りの両側には所狭しと
絵や作品を売る芸術家やおみやげの露天が連なっています。
さらに、その通りをいろいろな種類(ブラジルのサンバ、ウルグアイのカンドンベなど)の大編成の
打楽器隊が大音量でダンサーを引き連れ、ひっきりなしに行進しているのです。
まあ、賑やかなことといったら・・。

   



Bar Sur

 季節は日本と逆ですから春です。それにしてもアルゼンチンの太陽はなかなか沈まない。
午後9時ちかくまで明るいおかげで夕方から訪れたのにもかかわらずドレーゴ広場は十分楽しめました。
この広場の近くに「バー・スール」というタンゲリア(タンゴのライブハウス)があることを知ったので、
ホテルへは帰らずそのまま直行することにした。
午後9時からのステージは大きくわけて歌、器楽演奏、踊りの3つの構成でできていた。
初めに歌手のおばちゃんがでてきてカラオケで切ないタンゴのメロディーを歌い何曲か歌いました。
どうなることやらと見守っていると、その後バンドネオン、ヴァイオリン、ピアノのトリオが
あらわれて演奏(歌なし)したタンゴは素晴らしかった。
とくにピアソラの「アディオス・ノニーノ」の切れのあるリズムと、枯れたバンドネオンの音色は
さすがタンゴの本場とうならせます。
 しかし、食事付きのけっこう高めの料金の料理内容は
乾き物中心(チーズ、オリーブ、サンドウィッチ等)で少々不満。
このような時、食事付きライブチャージでいくか、ライブチャージのみでいくかの判断は難しいところです。
多くの国でこのようなシステムがあり、それぞれの名物料理、お国柄がでていてそれもまた興味深いものですが・・。


Caminito

 ブエノスアイレス2日目はボカ地区のカミニートを目指します。ここはタンゴ発祥の地といわれています。
ホテル近くの地下鉄C線のラバージェ駅から6駅先にある終点のコンスティテゥシオン駅で下車。
そこから歩いてボカ地区に行こうとしましたが、かなり距離があるようだったので途中であきらめバスに乗りました。
バスはかなりレトロなもので、乗車するとすぐに運転手脇にある券売機に料金を投入します。
両替はできないので、小銭を用意しておかなくてはならない。券売機はバスによっていろいろとタイプが違ってたいへん。
 この日もぬけるような青空でカラフルな街並みのカミニートはいっそうか輝くように華やかでした。
カミニートとはスペイン語で小道という意味ですが、実際はそれほど小道というより数百メートルにわたりたくさんの
色とりどりのレストランや土産屋が立ち並ぶ、ブエノスアイレスの人気観光スポットです。

     


 この通りを歩いていると、とにかくあちこちからタンゴが聞こえてきてタンゴ一色です。
軒を連ねるレストランの店先では客寄せのためタンゴ演奏や踊りが常に繰り広げられているのです。
タンゴは本来、夜の酒場で生まれたようですが、青空の下の健康的なタンゴもあるのですね。
それにしても、タンゴの踊りは情熱的、官能的、刺激的・・。
ぼくはテラスで気持ちよくアルゼンチンのビールを飲みながらブエノスアイレスはよいところだなあ・・と
ぼんやりタンゴのステップをながめていました。

 アルゼンチンは明るく陽気な国であると同時に音楽や芸術を大切にする国でもありました。

RETURN TO TOP