ブラジルの旅

                            


 2007年11月の末から12月のあたまにかけて、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを旅しました。
本物のブラジル音楽を体験したくて滞在したリオの8日間。昼は美しい景色を求めて、夜は音楽を求めてライブハウスや
サンバフェスティバルに奔走する旅の記録です。

 今回はリオに焦点を絞ったのでなかなか濃厚な旅になりました。
到着したばかりの時は治安の心配もありビビッて、タクシー移動が多かったのですが旅の後半では街にすっかり慣れて
地下鉄やバスも駆使できるようになりました。



ブラジル豆知識


 ブラジルの面積は日本の23倍で、世界では第5位です。
1502年にポルトガル人によって発見され、最初の首都はサルバドールが1549年に建設される。
1763年にリオ・デ・ジャネイロに首都が移転され、1960年にさらに移転され現在の首都はブラジリアである。
今回、訪れたリオ・デ・ジャネイロの名前の由来はポルトガル人がリオのグアナバラ湾を川と勘違いしたことにある。
ポルトガル語でRioは川、Janeiroは1月の意味で、つまり発見した時が1月であったことからこの名前がついたらしい。

気候

 リオの季節はちょうど日本と逆になり、ぼくが行った頃は初夏といったところでしょうか。
気温は30度前後。日中の日差しはじりじりと暑かったですが湿気が少ないせいか日陰は過ごしやすい。


時差

 日本の12時間遅れの時差があります。ただし、リオはサマータイム(10月第2日曜から2月第3日曜まで)を採用しているので
この期間は時計を1時間進める。

フライト

 とにかく遠い!行程は成田からヒューストン(アメリカ)を経由してリオまで。
成田からヒューストンまで12時間、リオまでさらに12時間。しかも乗り換えの待ち時間に6時間近くヒューストンで待機。
片道に計30時間を覚悟しなくてはならない。ヨーロッパやキューバが近く思える・・。

レート

 旅行で気になることは、治安や食べ物などいろいろありますが、やはりお金のことも気になります。
ぼくが旅行した2007年12月現在の為替レートは1へアル63円くらい。スーパーなどの品物の値段はあまり日本とかわらない。
ホテルはもちろん1部屋単位の料金ですから日本のように人数分の料金をとられることはなく2人以上で宿泊すればじゅうぶん安い。


リオのみどころ



コルコバードの丘

 リオのシンボルといえば、やはりコルコバードの丘でしょう。
リオには奇岩というか、美しくもへんてこな形をした山がたくさんあります。
その中で一番高く、尖っている山の頂上に両手を広げたキリスト像が街を見守るように立っています。
街のどこからも、その姿を仰ぎ見ることができるので、それを見れば道に迷ってしまっても自分のだいたいの位置はわかります。
宿泊していたコパカバーナ海岸のホテルから丘の麓までタクシーで10分ほど。そこからケーブルカーで15分登ります。
この日は快晴で丘の上からはリオ市街、イパネマ海岸、コパカバーナ海岸がよく見える。
こんな巨大なキリスト像をどうやってこんな絶壁の上に運んだのか不思議さと、その美しさに感動。

   


ポン・ジ・アスカール

 小さな半島に突き出たたまご型のユニークな山。ポルトガル語で砂糖パンという意味です。
ここもリオに行ったなら必ず訪れてみたかった場所です。
ここではまず第1ロープウェイで海抜220メートルのウルカの丘に登り、
さらに第2ロープウェイに乗り換え海抜396メートルの
ポン・ジ・アスカールまで登ります。
かなりのスピードで駆け上がります。頂上は以外にも広く、きれいなショップもあり、
コルコバードと同様、外国人観光客が多い。
正直、ロープウェイから真下を覗くと足がすくみました。なかなか上級者向けのロープウェイ・・?

   


パケタ島

 地下鉄カリオカ駅近くのフェリー乗り場からフェリーで1時間ほどの場所にある小さな島。
自動車はなく、そのかわり観光客を乗せる馬車や人力車がたくさん走っている。
船着場にフェリーが到着し、観光客が降りてくると大勢の馬車運転手が
「30分25へアル、40分35へアル、1時間50へアルだよ」
と、しつこく声をかけてくる。
自分の足で歩きたかったので、それらは断りゆっくり1時間ほどかけ島内を散歩した。
南国の色とりどりの花が咲き乱れる美しく、そしてのんびりするにはとてもいい島。

   


カーボ・フリオ

 リオには世界的に有名なイパネマ海岸やコパカバーナ海岸があります。
海岸線も美しく、とても活気があって楽しい場所です。しかし、有名海岸であるが故に海の透明度はちょっとイマイチ。
それで、さらに美しい透き通る海を求めてロドビアリア(Rodoviaria)というバスターミナルからバスに乗り込む。
バスで2時間ほどゆられ海沿いの街、カーボ・フリオ(Cabo Frio)に降り立ちました。
コルコバードの丘の麓にある日系のお土産屋さんからいただいた情報でした。
そこにはガイドブックにはのっていない最高の海がありました!
人生で出会った感動の海ベストスリーにランクインするほどの青い海。
人もいっぱい、レストラン、ショップもたくさんある綺麗な街です。

   


チンチン電車

 カリオカ駅から徒歩10分くらいの場所にあるトレムステーション(Estacao de Bondes)から
出発する100年以上の歴史をもつチンチン電車。
ラパ地区とサンタ・テレザ地区をつなぐ山道を走る電車で料金は0.6へアルと格安。
山道といっても線路脇は住宅密集地であり、地元の人の足がわりなのだが観光客も多い。
車両は扉もなく屋根と骨組みだけといったつくりで、地元の人は慣れたもので走行中でも自分の
好きなところで乗り込んできたり下車したりするという、かなりスリリングな場面を見ることができます。
電車は風情ある美しい街並みを通りぬけて30分ほどで出発駅に戻ってきます。
意外と体感スピードは速く、出発するとすぐに下の写真のラパ地区のこれまた100年以上の
歴史をもつ水道橋の上を通過します。
高さは20メートルほどでしょうか、電車も橋もかなり古く走る音もガタガタと大きいので、かなりの恐怖です。
しかし、その恐怖も一度味わってしまえば楽しさにかわるもので、滞在最終日に
ふたたびチンチン電車に足をはこんでしまいました。
線路の折り返し地点のサンタ・テレザ地区では下車して散策してみました。
眼下にはファベイラ(貧民街)も見え治安が悪いのではないかと心配しましたが
親切な観光インフォメーションスタッフがいたり
警察官も多かったので安心して歩くことができました。
かわいい土産屋やレストランもけっこうあり小奇麗でしゃれた町です。
ファベイラを題材にした絵をたくさん売っているお店で気に入った油絵があったので1枚購入。
午後1時頃、遠くからジャズが聞こえてきたので近づいみると扉の開け放たれた小さなレストランで
ジャズライブが行われていました。
休憩がてら、ちょっと立ち寄るつもりがワインを飲みながらブラジルのジャズに耳をかたむけていると、
店内にはさわやかな風が
通り過ぎていき、おそろしいほど気持ちよくついつい長居してしまった。

     


リオの音楽


 今回の旅のメインは本物のブラジル音楽にふれることです。
リオに滞在した8日間に5つのライブに足をはこぶことができたので、まあまあの出席率でしょう。

 リオといえばやはりカーニバル!毎年2月ころ開催され、ぼくが行ったのはそれより少し前の時期です。
リオのカーニバルを見れないのは残念ですが、その準備期間の沸き立つような街の活気はまた独特で
こちらも何だか元気になります。


ビニシウス(Vinicius

 イパネマ海岸にあるボサノバの老舗ライブハウス。ボサノバの超有名曲の
「イパネマの娘」の歌詞はここで生まれたそうです。
店名はその作詞家のビニシウスにちなんだものです。
観光客向けの綺麗なライブハウスで料金は35へアルと高めだが何故かカード払いができないシステムだった。
ライブは2ステージで1部が男性が一人でボサノバの弾き語り。2部は女性ヴォーカルとバンド。
弾き語りは、お馴染み「イパネマの娘」から始まり、ボサノバの名曲をやさしく、ささやくように奏でていく。
どちらのステージもとてもソフィストケイトされ、かつあたたかい演奏で素晴らしかった。

   



ラパ地区


 ラパ地区は20世紀前半にリオがブラジルの首都だった頃、リオ屈指の歓楽街でしたが
1960年のブラジルの遷都により20世紀後半はやがて廃れていきました。
しかし、ここ10年の間に政府の援助を受け復興され、今では様々なジャンルのライブハウスが軒を
つらねるリオの音楽の中心地となりました。
人種の坩堝であり治安も心配でしたが、平日の夜でもたいへんな賑わいで人が
いないような所にさえ近づかなければ安全でしょう。
ラパ地区の代表的ライブハウス「カリオカ・ダ・ジェマ(Carioca da Gema)」、
「サクリレジオ(Sacrilegio)」の2軒に行ってきました。

   
 カリオカ・ダ・ジェマ  サクリレジオ 


 カリオカ・ダ・ジェマはラパ地区のメインストリートであるメン・ジ・サー通りにあります。料金は15へアル。
客席は1階と2階にありライブ前からほぼ満席状態でしたが、
ライブが盛り上がってくるとみんな1階のフロアで踊りだすので
ステージがよく見える席、見えない席もあまり関係なくなります。
編成は男性ヴォーカル、ギター、カバキーニョ、クイーカ、へコへコ、パンディエロ、スルド2人の8人編成。
この店がリオで初めて行ったサンバの店だったのでその迫力には衝撃を受けました。
まさにスルド(大太鼓)が叩きだす2拍子は地面を揺らし、絶妙なアンサンブルで
哀愁あるメロディーが紡ぎだされていきます。
 サクリレジオはカリオカ・ダ・ジェマの隣にあり、カリオカ・ダ・ジェマの翌日に行きました。
料金は15から20へアルくらい。
ライブ前にはお客はあまりいませんでしたがライブがはじまるとほぼ満席になりました。
編成は女性ヴォーカル、ギター、カバキーニョ、パンディエロ、スルド2人の6人編成。
カリオカ・ダ・ジェマの方が人気店と噂をききましたが、なんのことらもよいライブでした。


サンバの楽器

 もともとサンバはおよそ音のでるものなら、何でも楽器にしてしまう懐の深さがあります。
初期のサンバではフライパン、空き缶、ドラム缶などの日常用品を改造したものを演奏に使っていたようですが、
もちろん今のプロミュージシャンは楽器メーカーの製品を使用しています。
 他にもたくさんサンバで使われる楽器がありますが、ライブハウスで使われていた定番をまとめてみました。
和声進行を担当する楽器はギターとカバキーニョのみです。
カバキーニョはウクレレくらいの大きさの4弦楽器でサンバのサウンドには欠かすことができない。


サンバ・フェスティバル

 ラパ地区を徘徊し始めて3日目。
目標にしていたライブハウスが休みだったのであてもなく夜10時ころメン・ジ・サー通りをぶらぶらと物色。
するとどこからか、大音量のサンバが聞こえてきます。
近づいていくと、そこはコンクリートむきだしの倉庫のような場所で、入り口には扉もなく、
さらに壁と屋根の間にもずいぶん隙間があったので遠くまで大音響がもれていたのだ。
おそるおそる覗いてみると中ではサンバのライブが行われていて大勢の人たちが踊り、ひしめきあっていた。
いちおう入り口には入場者をチェックするいかつい黒人が立っていたので
「無料か?」と訊いたら「無料だ!」と答えたので
無料だし、楽しそうだし、もうこれは参加するしかないと思いました。
 このフェスティバルはSocialismo e Liberdadeというもので、生のバンドをバックに歌手が数曲歌って、
次々に歌手がチェンジしていくといったスタイルをとっていた。
お客はみんなビール片手にサンバに合わせて踊っているので、ぶつかりあってビールをかけたり、
かけられたりしても気にする様子もなく笑っています。
もちろん、こんな所に東洋人なんて他に1人もいませんから珍しいのかたくさんの人がポルトガル語や英語で話しかけてきます。
こちらもあやしいスペイン語や英語で応戦します。
ブラジル人は親切で人なつっこく、ぼくがビデオや写真を撮影していると、こっちの方がよく撮れるなどといって
ステージ前まで人ごみをかきわけて案内してくれる人もいた。

   
                           サンバの生き証人 ネルソン・サルジェント氏 

 フロアの中央には長いテーブルがあり、そこに明らかにVIP待遇の黒人の小さなおじいさんがいました。
このおじいさんは1929年に創設された現存する最古のエスコ-ラ・ジ・サンバ「マンゲイラ」の創設メンバーのメンバーである
カルトーラの弟子であるネルソン・サルジェント氏でした。エスコーラ・ジ・サンバとはサンバの学校のことです。
この方はよほど偉い人で、リオっ子の誇りでもあるらしく何人もの人が「この人はサンバの神様だ!」、
「一緒に写真を撮れ!」などと言って彼にぼくを何度も紹介しようとした。
サルジェント氏はかなりのご高齢のようでしたが、フェスティバルのハイライトでいぶし銀のオーラを放ちサンバを3曲歌いました。
フェスティバルが何時から始まったのかは知りませんが、結局ぼくは午前1時の最後まで楽しんでしまいました。


ストリート・ミュージック

 サンバ・フェスティバルを終えて会場から出ると午前1時を過ぎていましたが、ラパ地区はまだ宵の口といった感じで
たいへんな賑わいでした。
カーニバル間近のの金・土曜日になると水道橋付近ではサンバの練習の光景が
見られるとのことでしたがぼくが通りかかったのは残念ながら平日でした。
しかし、面白いストリートミュージックを見ることができました。
若者たちが輪になり中央で数人の女の子がくるくると踊っています。
踊りの伴奏はアフリカ系の打楽器奏者3人が8分の6拍子のリズムをいろいろと変化をつけて延々と演奏しています。
リーダーらしき1人の打楽器奏者が掛け声をかけると回りの人たちもそれに反応して合唱していきます。
そのフレーズは繰り返され、繰り替えされるうちにどんどん回りの人たちをトランス状態にしていきます。
 平日の深夜でも熱いラパ地区。ここの人々は2月のカーニバルに関わらず、1年中こんな感じで音楽を愛し、
生きる喜びを全開に放出しているのではないかと想像します。

   


リオでジャズ

 チンチン電車に乗って、出かけた山の中腹にあるサンタ・テレザ地区で、
Marcoという小さなレストランを見つけました。
毎週金曜日の昼下がりにライブをやってるそうで、偶然タイミングよくライブを聴くことができました。
リオで正統派ジャズを聴くつもりはありませんでしたが、ジャズの中にもちらほらと
ボサノバのリズムやフレーズがあらわれて
やっぱりここはブラジルなんだなあ・・と、感慨にふけったものです。

   



たべる・のむ

ブラジルは肉だ!    


シュハスコ

 やはりブラジルといえばシュハスコです。シュハスコとは肉の塊の串焼きです。
牛、豚、鳥などの様々な部位を巨大なオーブンで回転させながら同時に焼いていきます。
シュハスコの専門店をシュハスカリアといい、ガルソンと呼ばれる人たちが焼きたての串を持って客席を回って歩きます。
お客の気に入った肉が回ってきたら、ガルソンを呼び止め食べたい部分や量を指示してその場でカットしてもらいます。
肉好きにはたまらない状況でしょう。
味付けはシンプルな塩味ですが肉自体と焼き方がよいのでこれ以上の味はないだろうと思わせます。
ブラジル人は本当に肉が大好きで、よく食べます。さすがです!


ムケカ

 バイーア地方の郷土料理。たまねぎやトマトをデンデ油(ヤシ油)とココナッツなどで煮込んだ料理です。
カーボフリオのレストランで食べた魚介の入ったムケカです。
くせのある料理で本当においしいものに出会うのは難しいようです。



フェイジョアーダ

 黒豆、豚肉、牛肉、ソーセージなどを煮込んだ料理。
もともとは奴隷の食生活から生まれたもので豚や牛の耳、鼻、手足など捨ててしまうような部位を煮込むことから始まったそうです。
日本では豆を甘く煮ることは普通ですが、世界的にはけっこう珍しいことでしょう。
この料理も当然甘くはなく、さっぱりとしています。


マンジョカ

 マンジョカはキャッサバとも呼ばれる芋のことです。白いさらさらの粉状に加工されています。
レストランではご飯にまずこのマンジョカをのせ、そしてその上にフェイジョアーダをかけて食べる光景をとてもよく見ます。
ブラジルの国民食とも呼べるほどの普及率です。写真はパケタ島で食べた地元の魚フライ定食ですが手前の皿にマンジョカと
フェイジョアーダがのっています。


お酒

 ブラジルの国民的アルコールはさとうきびから作られるカシャーサというお酒です。
ライムとグラニュー糖を棒で潰して氷とカシャーサを入れるとカイピリーニャというカクテルになります。
ちょっと甘いですが海辺で飲むと最高です。キューバのモヒートを思い出します。
ブラジルの代表的なビールは「SKOL」、「ANTRCIA」、「ITAIPAVA」などがあり、どれもどっしりとしたうまさがあります。
写真はカイピリーニャ。




思う


 キューバを世界で一番、人種差別のない国と言う人もいて、もちろんぼくも同じ意見ですが現在のブラジルも
それに近いものがあるのではないかと思います。
アフリカからたくさんの奴隷を流入させたという悲しい歴史の側面もありますが、
同時に多くの移民を受け入れてきた国柄というものもあるのでしょう。

 今回の旅も最初の2日間のみホテルを予約し残りの宿泊地はいきあたりばったりにしました。
ブラジルの公用語であるポルトガル語はほとんどわかりませんが、わずかばかりのスペイン語(スペイン語とポルトガル語は
似ていて、また南米のブラジル以外の国はスペイン語圏なのでブラジル人もかなりスペイン語を理解しています)と英語の能力で
いろんな人に助けられなんとか無事に旅を遂行することができました。



 ある日、カーボフリオという海辺の街へバスで日帰旅行をしてバスステーション(ロドビアリア)に戻ったのが午後7時頃。
あたりはすでに暗くなっていました。バスに乗り込む時に乗り場を確認するために話しかけた年配のブラジル人女性と仲良くなり
バスがくるまで停留所のベンチでブラジルのこと、カーニバルのこと、彼女の兄弟・子供・孫のこと、日本のことなどの他愛ない
世間話をしました。
残念ながらバスの座席は指定席になっていて彼女とは離れてしまったのでそれ以上、バスの中で会話することはできませんでした。
しかし、終点に到着しバスを降りると彼女がまた話しかけてきました。
彼女によると、どうやらこのバスステーション周辺のこの時間帯はかなり物騒らしく、ここから歩いて出るのはやめたほうがいいと
教えられました。夜は地元の人も気をつける場所らしいのです。
ぼくはあまりその先の交通手段を考えておらずホテルには帰らずライブハウスに行くと言ったら、彼女は危険だからといって
タクシーを手配してくれ値段交渉までしてくれました。とても優しい人でした。
荷物も持っていたので、油断してぶらぶら駅から歩いて出ていたら強盗にあっていたかもしれません。



 ある日、午後7時くらいのラパ地区。ライブに行くにもまだ時間が早いので水道橋の近くで腰をおろし、
さてこれからどうしたものかと思案していました。
物乞いが隣にやってきてぶつぶつ話しかけてきたり、いかがわしい売人と思われる人間も近づいてきたりと健全な場所とは言い難い。
ぼくのいた所は水道橋の下にある広場で、その広場には臨時の柵が設営されており、中には巨大スクリーンがあった。
おそらく何かのイベントがその屋根のない柵の中でこれから始まるのだろう。
ぼくは数人の人がせわしなく準備しているのをぼんやり眺めていた。
 すると、そのスタッフの一人のブルーノというやたら明るい男子大学生がイベントに参加しないかと声をかけてきた。
彼はイベントの実行委員でたくさんの人に集まってもらいたかったようだ。
主旨はブラジルとアフリカの歴史関係をテーマにしたショートフィルムの上映会だった。
入場無料で柵の中には物乞いが入れないよう警備の人間もいて安全そうだったので遠慮なくお邪魔することにした。
ブルーノは実に気をつかう人間で、イベントが始まるとぼくの隣に座り退屈させないようにいろいろ話しかけてきたり、
自分の友達を紹介したりと忙しかった。
その友達がまた多彩で年齢もばらばら。(みんな彼よりずっと年上の人ばかり)
無料のワインを飲みながら映画そっちのけで会話がどんどん盛り上がって人も後から後から増えていく。
映画プロデューサー、カメラマン、ミュージシャン、元ブラジル美女、日本びいきの酔っ払いおじさんなどなど・・。
とにかく、みんなすぐ友だちになってよくしゃべる。
むこうにしてみれば、突然やってきた日本の珍客なんでしょうが、みんな底抜けに明るく優しいので人種の壁を感じさせません。



 ブラジルの音楽にふれて感心したこと。
ブラジルにはサンバ、ボサノバ、ショーロの他にも様々な音楽がありますが、とりわけサンバをこよなく愛するリオの人々の心に
感動します。
そして、サンバには子供からおじいちゃんまでみんなで歌えるスタンダードな曲がたくさんあります。
これはたいへん羨ましいことです。何故なら現代の日本でそのような曲はほとんどないし、
これから生まれてくることも難しいでしょう。
世代と教育に連続性を失ってしまったからかもしれません。

     



 リオはブラジルの一大観光都市で、よく整備された街は近代的でとても美しく、活気あふれています。
街をとり囲む山々には上へ行けば行くほど貧民街がひしめきあっています。
ここにも確実に格差というものが存在しているのです。
しかし、その光景は近代的な街と前近代的な街が乖離しているというより、むしろそれは自然なグラデーションで富裕層から
貧民層へとつながっていくように見えます。
そして不謹慎かもしれませんが夕暮れ時にはこれらが不思議と溶け合って印象派のあわい絵をみているような感動をおぼえます。
 ブラジルは現在、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)と呼ばれる高い経済成長率で注目される国のひとつです。
しかし、このめまぐるしい世界情勢(経済も含め)を考慮して、10年前にリオを今回の旅と同じように比較的自由な旅を
安全にできたかというと、疑問もあるでしょう。
ブラジルの、リオの変わりゆくほんの1シーンを覗いてきただけの旅ですが発見と感動の多い旅でもありました。
そこには発展と環境破壊が背中合わせの問題として横たわっているのでしょうが・・。


   

RETURN TO TOP