ブラジルの和声


 ブラジルの音楽を勉強しているとブラジルらしい斬新な和声進行にしばしば出会います。
 ブラジルのミュージシャンにしぼって。


1.機能和声的ではない半音進行

譜例1-a Amanha(Pscoal Meirelles)抜粋

1小節目から5小節目までF、E、E♭、D、C♯をルートとしたコードの半音下降。
10小節目から15小節目にかけても半音でふらふらと漂う。

譜例1-b Fatima(Hermeto Pascoal)抜粋

1小節目からメジャートライアドで強引に半音下降。
パスコアールはこの異常なコード進行の上でハイスピードのアドリブを弾く。


譜例1-c 練習曲第1番(Villa Lobos)抜粋

ブラジル音楽の巨人といえばヴィラ・ロボス
有名なギターのための12の練習曲の第1番から。
1小節目から9小節目まで同一のディミニッシュコードフォームでひたすら下降していく。
しかも、音程の変わらない6弦と1弦の開放(いずれもミの音)を含ませながら。
全弦をバランスよく使った右手のアルペジオ練習に最適な曲だ。


2.美しい進行


譜例2-a One Note Samba(Antonio Carlos Jobin)抜粋

「イパネマの娘」の作曲で有名なカルロス・ジョビンの洒落た作品。
ゆるやかにルートを半音下降させていくコード進行の中にありながらメロディーがレとソのみで
固定されていて面白く美しい。
音符の下の数字はコードに対してメロディーが何度の音程かを表している。


譜例2-b VeraCruz (Milton Nascimento)抜粋

「ブラジルの声」とも言われるミルトン・ナシメントのベラ・クルス。
4段目からのノンダイアトニック・コードの半音下降が美しい。


3.強引きわまりない

譜例3 練習曲第4番(Villa Lobos)抜粋

再び、ヴィラ・ロボスのギターのための12の練習曲から第4番。
この曲の楽譜を初めて読んだ時、あまりの読みにくさに脳みそがとろけそうになった。
その原因としてはギターはピアノと違い同じ音が違う弦で複数とれるので1つの和声でも
2~3種類の異なるコードフォームの可能性がある。
その上、この曲は違う弦の同じ音をわざと重ねたりしているので、それも読みにくくさせている。
(不協和音のオンパレードでもある)
しかし、根気よく読んでいると前後のフォームがまったく同じじゃん!
ただ、横にずれてるだけじゃん!といった場面が頻出することに、気づく。
和声の上にコードダイヤグラムを書いてみました。(つかれた・・)
初見じゃぜったい弾けないけれど、意外と簡単(あくまでも譜読み)だったと判明しました。
もはや、和声1つ1つにネームを付けること自体、意味がない大胆でギターの機能を最大限に生かした(?)
ヴィラ・ロボスならではのハーモニー感覚。強引きわまりない。
この大胆な和声進行とブラジルのリズムが融合して、既存のクラシック音楽やジャズには見られない
ヴィラ・ロボスならではオリジナリティが出来上がっていったのだろう。
ピアノ曲も実に綺麗な曲が多い。
ヴィラ・ロボス以降のブラジル音楽(ボサノバMPB)にどこか一貫して強烈なブラジルならではの和声への
印象を持つがヴィラ・ロボスの大胆なハーモニー感覚からの影響は少なくないと思う。