ブルガリア・リズム

 ハンガリーの偉大な作曲家バルトークは全153曲からなるピアノ曲集「ミクロコスモス」の中で
ブルガリア・リズムをとりあげている。
曲集の中では113番、115番、148番、149番、150番、151番、152番、153番の計8曲がそれにあたります。

バルトークは「バルトークの世界」(バルトーク著)の中で
「ブルガリア・リズムとは、拍子の単位である8分音符がメトロノームで約300から400の拍数に匹敵するほど異常に早く、
さらに、こうした異常に早い8分音符を単位として、特殊拍子を構成するような形で結合されたリズムの種類である」
と、言っています。
以下、8曲について、8分音符を基準にした分割方法をまとめました。

113番  2+2+3   
115番  3+2   
148番  4+2+3   
149番  2+2+3   
150番  2+3   
151番  3+2+3   
152番  2+2+2+3   
153番  3+3+2   

 
 ここでは以下に113番と115番の譜例と音源をとりあげました。

譜例1 113番


 音源1は113番です。7拍子がタタ・タタ・タタタという2+2+3分割に聞こえます。
テンポはわかりやすさのため、ゆっくりです。(8分音符=250)
7拍子の伴奏の上のメロディーは4小節目の拍の頭で始まりますが、5小節目ではそれがひっくり返り、
6小節目でまた拍の頭にいつのまにか戻ったような錯覚をおこします。

音源1   

譜例2 115番

 音源2は115番です。5拍子が3+2で始まりますが、9小節目から2+3に変化します。
その後、17小節目から再び3+2に戻ります。
テンポは8分音符=250です。

音源2   

 バルトークによれば
「これらのリズムは農民音楽の最も自然な発展過程において形成されたもので、
作曲家たちがなけなしの知識を搾り出し、新しいものを取り入れようとする苦しみの犠牲によって
生み出されたものではありません。
それはともかく、こうしたリズムが教育を受けた音楽家たちにとってはたいへん困難であったのです。
農民たちにとってはまさに正反対です。」

 リズムのアプローチにおいて東ヨーロッパの音楽も興味深いものです。
とりあげたもの意外のブルガリアリズムも聴いてみるとよいでしょう。