コードの構成音を覚える


 コードの構成音を覚えることはとても重要かつ、多くの有用性があります。
(アドリブフレーズへの足がかり、コード感を出したソロ、複雑なコード進行上でのアドリブへの対処としてetc)
とくにギターではフォームをずらすだけで自動的にすべてのKeyに対応することができるので
ピアノなどの鍵盤楽器でコードトーンを覚えるよりはるかに少ない労力で身につけることが可能です。

4つのダイアトニックコードの構成音です。(ルートはわかりやすくCにしました)
なお、ダイアトニックコードがわからなかったらダイアトニックのページで勉強してください。


ダイアグラム1

       
 M7  7 m7   m7(♭5)


ダイアグラム1は基本の4声体。6弦に何でもいいのでルート(根音)を設定すればすべてのコードの構成音が瞬時にわかります。
もちろん、指板上の音を覚えるトレーニングは積んでおくべきです。


ダイアグラム2

       
  M7  7  m7  m7(♭5)

ダイアグラム2は6弦からスタートして2オクターブをカバーするフォームです。