リズムのはなし

クラーべ

クラーべ(clave)とはスペイン語で鍵という意味です。
キューバ系音楽の世界ではリズムのアクセントとして非常に重要視されています。
通常、木製の棒状のクラベスという楽器でこのアクセントを演奏します。

  キューバで買ったクラべス

 譜例1はソン・クラーべのスリー・ツーとツー・スリーです。
2小節をひとつのまとまりとしてとらえると、1小節目に3つ、2小節目に2つのアクセントがあることからこのような呼び方になります。
aのスリー・ツーの小節を前後にひっくり返すとbのツー・スリーになります。

譜例1


a.ソン・クラーべ 3・2    b.ソン・クラーべ 2・3

 譜例2はルンバ・クラーべと呼ばれるものです。
スリーサイド(3つのアクセントのある小節)の最後のアクセントがソン・クラーべと比べると8分音符1つ分後方にずれています。

譜例2

aルンバ・クラーべ 3・2.    b.ルンバ・クラーべ 2・3


 譜例3は6/8拍子です。よりアフリカ起源のクラーべである印象をうけます。
プリミティブでありながら、柔軟性と多様な発展性を持っています。

譜例3

a.6/8クラーべ フォワード    b.6/8クラーべ リヴァース


Tumbao(トゥンバオ)

 トゥンバオとはピアノなどで演奏するバッキングのことです。譜例4は3・2ソンクラーべとトゥンバオです。
譜例5は2・3ソンクラーべとそのトゥンバオです。3サイドと2サイドが逆転しているだけですが、かなり聴こえ方がかわってきます。
(上段トゥンバオ、下段クラーべ)


譜例4 3・2ソンクラーべ

譜例5 2・3ソンクラーべ


クラーべの逆転


 3・2のクラーべでで始まった曲は最後まで3・2で演奏するのが基本です。
しかし、まれに途中で入れ替わるもの(もちろん意図的に)があります。
この場合、リスナーは3・2のクラーべで感じて音楽を楽しんでいたらいつのまにか、2・3になっていたという不思議な罠に
落ちることになるわけです。、
なおかつそれが快感だったりします。

譜例6

クラーべ逆転の方法

 譜例6がクラーべを逆転させる方法です。
通常8小節あるAメロをあえて7小節という奇数の構造にして、本来あるべき3・2の2サイドを次のBメロの
先頭小節にするのです。このようにすると、違和感なくクラーべを逆転することができます。
単純ですが、音楽のノリが突如かわるので面白い効果を生みます。

クラーべ逆転の参考曲

・ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに収録の「Candela」
・ティト・プエンテの「Maria Cervantes」

「Maria Cervantes」はたいへんよくできた曲でサルサインストの名曲だと思います!


なぜ、興味深いか?


 多くの日本人が生の音楽にあわせて手拍子を叩くとなると、単純な2拍子か4拍子が圧倒的多数ですね。
しかし、キューバでは露天のみやげ物屋のおっちゃんでも、お客にクラベスを薦めるとき、クラーべを叩きます。
「なーるほど!」と思いました。キューバ人は無意識に叩いてしまうリズムがすでにクラーべになるのがあたり前です。
(スペイン人にもフラメンコのリズムがあり同様のことがいえます)
ぼくには、このクラーべの上に複雑にいろんな打楽器が絡んだり、トゥンバオが発展していった過程を経てきた
歴史をもつキューバ音楽に興味を抱きます。
 
 正直、現代のサルサではトゥンバオの役割はほとんどピアノがやるのでギターのでる幕はありません。
というか、ギタリストが参加しているサルサバンドはキューバでも日本でもむしろ少数派でしょう。
では、なぜギター弾きのぼくが興味を持つかというと、やはり音楽的なリズムの奥深さを感じるからです。
単純に心地よい音楽だからとも言えますが・・。
広いパースペクティブを持つには、できるだけたくさんのジャンルの音楽にふれることが大事ですね。
自分が演奏する機会の少ない音楽でも積極的に聴く姿勢は持ち続けたいものです。

キューバ旅行記はこちら