ダイアトニックコード2 四声体


三声体のコードが理解できたら四声体のコードを勉強しましょう。実際は四声体を使う場合の方が多いからです。
三声の時と同じくルートから3度で音を重ねていきます。


譜例1


読み方

M7・・・メジャーセブン(別表記ではmaj7、Δ7)

m7・・・マイナーセブン(別表記では−7)

7・・・セブン

m7(♭5)・・・マイナーセブン・フラットファイブまたはハーフ・ディミニッシュ(別表記ではφ)


あいまいになりがちなこと


 M7、m7、7の違いをあいまいに覚えている方がとても多いので整理します。
M7とはルート音から長7度(メジャーセブンス)の音程になる音のこと。7はルート音から短7度(セブンス)の音程になる音のことです。

表記はどう分解できるでしょうか?

CM7・・・CとM7(Cメジャーコードにメジャーセブンスの音を付加)
Dm7・・・Dmと7(Dマイナーコードにセブンスの音を付加)
G7・・・Gと7(Gメジャーコードにセブンスの音を付加)


セブンスの音はルートからかなり離れているので、長7度(M7)か、短7度(7)かを判別するのは難しいです。
しかし、以下のように考えると簡単に判別できます。


譜例2

 ルート音を1オクターブ上げるとルートから7番目の音と隣り合わせの2度の関係になります。
その際の音程が半音(短2度)であれば長7度(メジャーセブンス)、全音(長2度)であれば短7度(セブンス)と、いえます。
長7度の方が短7度よりルートからの距離が遠いですね。譜例2ではCM7とC7の違いがわかると思います。


譜例3

 譜例3はCをルート音に統一した四声体のバリエーションです。
一番右はCマイナー・メジャーセブンという長ったらしい名前になりますが、コードの構造を理解できれば、
なるほど納得のネーミングですね。


m7(♭5)とディミニッシュの違い

 ダイアトニックコードの7番目にできるm7(♭5)にも注意です。ここではわかりやすさのためルートをCとします。
似た響きのコードにディミニッシュコードというのがあります。ディミニッシュコードはひたすら短3度を積み重ねていくコードです。
ですから、三声までの積み重ねた段階ではm7(♭5)もディミニッシュも区別はなく、どちらもディミニッシュと呼びます。
しかし、四声目で違いがでてきます。m7(♭5)はセブンスであるBフラットの音を付加するのに対し、
ディミニッシュは三声目にあたるGフラットの短3度上を付加すると考えるので、四声目はAの音になります。(譜例4参照)


譜例4