ディミニッシュ コード


 ディミニッシュ(diminish)コードとは根音から例外なく規則的に短3度音程を積み重ねてできるコードのことです。
例えばCディミニッシュであればC、E♭、G♭、Aという構成音になります。
似ていますが、しっかり理解すべきはm7♭5(マイナーセブンフラットファイブ)コードとの違いです。

上記のようにともにCを根音する2つのコードは下から3つ目の音まで全く同じです。
しかし、3つ目の音であるG♭の上に乗せる4番目の音がdimコードが短3度上のAの音であるのに対して
m7♭5コードは長3度上のB♭の音になります。
m7♭5コードはメジャースケールでは7番目に、マイナースケールであれば2番目にダイアトニックコード上に
あらわれる自然なコードといえます。(ダイアトニックコード2のページ参照)
一方、dimコードは規則的な短3度音程の積み重ねで成り立っているため人工的に作ったコードといえるでしょう。

ではディミニッシュコードの構造について続けていきます。
譜例1.1を見てください。
Cから4音連続の短3度堆積であるCdimコードの根音(C)を1オクターブ転回するとE♭dimになり、
さらにE♭dimの根音(E♭)を1オクターブ転回するとG♭dimになり、
さらにG♭dimの根音(G♭)を1オクターブ転回するとAdimになります。
注目すべきは、これら4つの音程関係はどう転回しても、どこまでいっても果てしなく短3度の等間隔となり、
コードの機能はすべて同じになることです。
つまり、楽譜にCdimと書いてあったら、E♭dim、G♭dim、Adimを弾いてもよいことになります。

この考え方から、譜例1.2、1.3のディミニッシュグループが出来上がることもわかります。
それぞれのグループ内のディミニッシュコードは互換可能の同じ機能のコードと見做せます。

譜例1

代表的なコードフォーム (すべての音が根音となりえます)

     


ディミニッシュコードが使われる場面


1.短3度の上行、下降

 譜例2はディアンスの「タンゴ・アン・スカイ」の6、7小節目です。
7小節目にディミニッシュコードが全く同じフォームで短3度下降してきます。
譜例1の考え方そのまんまです。
一見すると難しそうですが、意外と簡単なギター的なフレーズで、わかりやすい例です。

譜例2

2.経過音的使用(passing diminish)

 経過音的使用のわかりやすい例が譜例3です。
keyCでCM7→Dm7→Em7というシンプルなダイアトニックコード進行において
ディミニッシュコードを挿入します。なめらかで美しい進行になります。

譜例3

・・・ディミニッシュコードを挿入すると

 譜例4はボサノバの名曲「チェガ・ジ・サウダージ」のイントロ部分。
ノンダイアトニックコードであるB♭m7の直前にBdimが置かれてなめらかにコードが連結されている。

譜例4

3.ドミナントコードの代理

 譜例5を見てください。
keyC(またはCm)のドミナントコードであるG7には♭9thの音程にあたるA♭を付加することができます。
そしてこのA♭を付加した後、根音(G)を省くと規則的な短3度重ねのディミニッシュコードができあがります。

譜例5

つまりG7の代わりにBdimを弾くことが可能になります。
さらに、譜例1の考えを応用すればBdimと構成音が同じである
Ddim、Fdim、A♭dimも使用できることがわかります。
1つのドミナントコードに対して4つのディミニッシュコードが代理可能になり、
逆に咄嗟にどれが使えるかがわかりにくくもあります。
そんな時は、G7とA♭dimに着目するといいでしょう。
なぜなら、ドミナントコードの半音上のディミニッシュというシンプルな覚え方ができるからです。


 譜例6はビートルズの「ミッシェル」の冒頭です。
5小節目のCコードのドミナントコードはG7で、その代理として使えるディミニッシュコードとして
Ddimが配置されています。

譜例6