ディミニッシュ分散


 短3度音程を積み重ねるディミニッシュコードを分散させてメロディーにすることがあります。
例えば、Cディミニッシュコードであれば、構成音は譜例1のようにド、ミ♭、ソ♭、ラ。


譜例1


ギターの指板上では以下のような音の配置になります。
隣り合った音はすべて短3度音程になるので、どの音から始めても一貫して
ディミニッシュ特有の響きがします。

クラシックギターのレパートリーでの使用例


譜例2は、タレガのアラビア風奇想曲のテーマが始まってからの3、4小節目。

譜例2



譜例3は、ペルナンブーコのショーロ(鐘の音)の12~14小節目。


譜例3


譜例4は、ディアンスのタンゴ・アン・スカイの冒頭部分。とても息の長いディミニッシュ分散フレーズ。


譜例4



譜例5は、ギターのレパートリーではありませんが。
バッハの12の小プレリュードの1番。エンディングの5小節。
4小節目の4拍目はトニックであるCの直前のドミナントコードのG7。
同じ小節の3拍目はさらにそのドミナント(G7)のドミナント(セカンダリードミナント)。
短3度音程が3連続しているので、ディミニッシュの分散になっている。
コードネームをつけるとすればD7(♭9)か。


譜例5


 ロックギタリストではイングヴェイ・マルムスティーンなどがディミニッシュ分散を多用しますが、
ジャズのスタンダードでもディミニッシュコードは多く見られるので、
コード感を出す即興演奏の際にはこのようなディミニッシュ分散フレーズも
弾けるようにしておくべきでしょう。