レッスンは受けたほうがよいか?

スポーツや音楽、その他の心・技・体の協調の求められる行為すべてにおいて、
その道の先輩から指導を受けるのは大切なことです。
レッスンの利点の一番わかりやすい例はフォームに関することかと思います。
昨今はビデオなどで自分のフォームをチェックすることは比較的、簡単になりました。
しかし、特に初心者の方などは、情報がたくさんあり過ぎて、逆に何が正しい基準かがわからなかったりします。
また、よくあることですが、エレキギターからクラッシクギターに転向した方などはエレキギターのフォームを
そのままクラシックギターに流用しようとしてなかなかいいサウンドが出せなかったりすること。
(もちろん、エレキ、クラシックともに共通の部分もありますが、気づかなくてはならない重要なフォームの違いもあります)
これらのチェックを正しく独学で行うことは不可能ではないでしょう。
しかし、先輩(先生)の経験から生まれたヒントをもらうことにより、習得時間を短縮することができます。
また、最悪には独学で間違ったフォームのくせをつけてしまい、その後それに気づき修正するのに余計な時間と労力を
使うことになってしまうことも考えられます。
 ぼくもしばしば遭遇することですが、生徒さんがあるフレーズが弾けない時に、
ほんのちょっとのアドバイス(テクニック的というより思考的なことが多いように感じる)をあげることで
一瞬でその場で弾けてしまうということがあります。なかなか感動的な場面です。

 フォームをはじめ基本のマスターを合理的にレッスンを通して身につければ、
さらに上の目標に向かうことができますし、
音楽表現という最もたいせつな領域に足を踏み込むこともできます。
 
 1ヶ月や2ヶ月、続けるだけではだめでしょう。最低でも1年は続けてみないとどの分野でも本質は見えてこないものです。
ただレッスンに行くだけでは上達しません。練習が必要なことはもちろん、能動的に学ぶ姿勢も大切です!


楽譜は読めたほうがよいか?


 正式な楽譜は読めないより読めたほうがいいでしょうか?
実際、楽譜が読めなくてもギターは弾けると思います。タブ譜という音符を数字に置き換えた便利なものもありますし、
フラメンコギターのようにあれだけの超絶テクニックがありながらも、現在も師匠の音を聞いて覚えていくといった
ほとんど楽譜にたよらない習得過程をとる特殊な世界もあります。
 では、「読めなくてよい!」とう結論にたどりつくでしょうか?

演奏を会話、楽譜を文字にたとえることができるでしょう。
無意識に覚えた言語は自由にしゃべることができますが、文字を読んだり、書いたりするには、
また別の訓練が必要になるからです。

文字は読み書きできたほうがいいでしょうか?


 できたほうがいいですね。文字を読めれば会うことのできない人や過去の偉人の考えを手紙や本などから吸収できるし、
文字を書ければ自分の考えを、自分のためにまたは他の誰かに時を経ても伝えることができます。
楽譜の読み書きはこれとまったく同じことです。
時々、楽譜を読める能力が束縛となり自由な演奏ができなくなるといった意見をもつギタリストもいますが、
それは違う!と思います。
読譜能力は、単に記録媒体として優れている楽譜を利用するためであって、演奏中の障害になるものではありません。
そして楽譜の素晴らしいことは世界共通基準であるということです。違う言語を使う人同士でも楽譜さえ読めれば
すぐアンサンブルできるし、かりにコード譜だけしか読めなくても簡単なセッションなら参加することができるでしょう。
楽譜の読める能力が優れているとか、そうではないとか言っているわけではありません。
便利なものがあるなら使えるようになった方がいいですね・・・と、いった程度のことです。
生徒の立場の場合は学びやすくなり、教師の立場の場合は教えやすくなり両者の利益になります。

 ぼくも英語、スペイン語の学習を才能はないながらも必要性があると感じているので続けてはいますが
ある一言語を習得するより、楽譜を読める能力を伸ばすことの方が、はるかに少ない労力で達成されると思います。

 正直、ぼくも18歳まで独学だったので、それまではほとんど楽譜が読めませんでした。
もちろん、今では自由に読めるようになりましたが、読譜力を養うトレーニングを始めるのに、あまり年齢は関係ないと思います。