ドリアン Dorian


教会旋法のドリアンは1、2、♭3、4、5、6、♭7という構成音でなりたっています。
Cをルートとすると、C、D、♭E、F、G、A、♭Bということになります。
Cナチュラルマイナースケールとの比較でわかりますが、ドリアンの特徴音はナチュラルなAです。譜例1参照。


譜例1


譜例2はドリアンを使った有名なイングランドの民謡「グリーンスリーブス」の出だしです。Cドリアンを使用しています。


譜例2


譜例3は「グリーンスリーブス」をあえてCナチュラル・マイナー・スケールにしてみました。

譜例3

2つのグリーンスリーブスを聴き比べてみると、やはりドリアンを使った方が胸にぐっときますね。
浮遊感があるように感じられます。


図1

図1は6弦から始まるドリアンのポジションです。


譜例4

譜例4はCドリアンのダイアトニックコードです。B♭メジャースケールの2番目から始まったものと考えてもよいですね。


ドリアン ボサノバ風


 ドリアンでアドリブをとってみました。コードはCm7、F7/Cという2コードです。
特徴音であるAの音を意識的に使いました。

バッキングのみのカラオケです。図1のドリアンスケールを弾いてみてください。ルートは6弦の8フレットから。
Aの音を弾いたときに気持ちよくなることでしょう。