エコノミーピッキング


 早弾きのテクニックのひとつ、エコノミーピッキングを練習します。(ピックを使用すること)
オルタネイト(ダウン・アップ)ピッキングは、ダウンとアップを交互に繰り返すピッキングですが
エコノミーピッキングはこれとは異なります。

 ルールは1本の弦で3つの音を弾くとします。
上昇していく音階ではダウン(D)、アップ(U)、ダウン(D)でスタートすると次の弦移動した
最初の音をダウンにすること(DUD,DUD・・・)によってオルタネイトピッキングの法則からはずれることになります。
しかし、弾いてみるとわかる通り、弦移動の時のダウンピッキングの連続は余計なピッキングの節約と
なめらかなスピードアップが得られます。

譜例1は5弦からスタートするCメジャースケール。
譜例2は6弦からスタートするGメジャースケール。
初めのうちは、4分音符=60くらいのゆっくりとした3連符として練習し、徐々にテンポを上げていき、
最終的に倍テンポの6連符として弾けるようになるまでステップアップしていくとよいでしょう。
コツは弦移動の際(ダウン・ダウン連続のところと、アップ・アップ連続のところ)に
ピッキングが空中で止まらず、すぐに隣の弦に吸い付くように弾くこと。

譜例1 C major scale
 


譜例2 G major scale 
 


譜例3は5弦からスタートするCナチュラルマイナースケール。
譜例4は6弦からスタートするGナチュラルマイナースケール。

譜例3 Cnatural minor scale 
 


譜例4 G natural minor scale 
 


譜例5は5弦からスタートするCハーモニックマイナースケール。
譜例6は6弦からスタートするGハーモニックマイナースケール。

譜例5 C harmonic minor scale
 

譜例6 G harmonic minor scale
 

上記譜例はもちろん他のkeyでも練習すること。
ピッキングテクニックの向上とともに、左手のストレッチにも効果があります。