6/8拍子(ハチロク)


  6/8拍子(8分の6拍子と呼び、ハチロクともいう)は様々なリズムに変化する興味深いリズムです。
この6/8は一般的に複合拍子に分類されます。
複合拍子は「同種の単純拍子がいくつか複合された拍子」と定義され、この他に9拍子や12拍子があげられます。
譜例1は8分音符3つの最小グループが1小節内に2つで構成されているので、通常2拍子と考えられます。
まずはタタ・タタ・タタ・タタと感じることからはじめ、
その後、太字のの部分が1・2・1・2(イチ・ニ・イチ・ニ)というサイクルでカウントできれば自然な2拍子となります。

譜例1


 ここからが6/8の考えの面白い拡張例となります。
譜例2の6/8の拍子記号の横に書かれている3/4は2拍子系である6/8拍子の後に
3拍子系である3/4が現れるという意味です。
この表記方法はクラシックでも時々見かけますが、フラメンコの曲種であるシギリージャでも使われます。
なぜ、こんなことができるかと考えた時の着目点は6/8拍子ということは、1小節に8分音符が6個入るということです。
これら6つの音は3音でたばねれば2拍子(3×2=)、2音でたばねれば3拍子(2×3=)になることを意味します。

譜例2


 1つの楽曲が2拍子だと思っていたら3拍子になったり、3拍子だと思っていたら2拍子に変化したりするのは
単純に遊び心があって楽しい
ただし、6/8の上記のような概念は知っておくべきだし、譜例2のようなリズム譜には慣れておく必要はある。
これらのリズムのトリックはもちろん、音階を表現できない打楽器でもアクセントや音色に変化をつけるだけでも
十分、表現は可能です。 

 譜例3は音階をだせる楽器が音程を利用して6/8拍子において、2拍子系と3拍子系を表現したわかりすい例です。
譜例3Aはドレミ・ドレミの3音グループなので2拍子で感じる。
譜例3Bはドレ・ドレ・ドレの2音グループなので3拍子で感じざるをえない。

譜例3


 譜例4はギター協奏曲で1番有名なロドリーゴの「アランフェス協奏曲」の第1楽章の冒頭です。
2拍子系と3拍子系が効果的に使われている例。

譜例4


 譜例5ではアランフェスでよく使われる2拍子系リズムと3拍子系リズムを書き出してみました。
もちろん、これらのフレーズは音程を伴って表現されています。

譜例5

譜例6は6/8アフロと呼ばれるリズム。ジャズやラテン音楽で使われます。
人類の祖先は10万年前にアフリカで誕生し、世界へ広がっていったと考えられています。
このプリミティブ(原始的)でありながら、多様な柔軟性をもった6/8はまさにアフリカ起源。
人類も音楽もアフリカから生まれたのでしょう。わくわくするリズムです。

譜例6


譜例7はクラシックギターのレパートリーから。
スペインのルネサンス期の作曲家、サンスの「カナリオス」です。
このメロディーはロドリーゴのギター協奏曲「ある貴紳のための幻想曲」の中でも効果的に引用されています。
楽譜から2拍子と3拍子が混在していることがわかります。(動画あり)

譜例7