拍子について

(単純拍子・複合拍子・混合拍子・変拍子)

拍子(time、meter)というものについて整理してみます。
拍子とは一定の拍の集合の周期運動と考えられます。

1.単純拍子 Simple time

 2拍子、3拍子、4拍子のような基本的な拍子。


2.複合拍子 Compound time

 同種の単純拍子がいくつか複合された拍子。9/8拍子や6/8拍子。
6/8拍子は2つの3/8拍子から成り立っています。8分音符はタタ・タタと数えることができますが、通常以下のように
2拍子として感じます。


3.混合拍子  Englishは?
 
 異なった単純拍子を組み合わせた拍子。5拍子や7拍子。
5拍子の場合、もちろん1・2・3・4・5とカウントしてよいわけですが、単純拍子の組み合わせと感じてカウントするほうが
演奏が自然になります。 
単純拍子の3拍子と2拍子の組み合わせだとタタ・タ(3+2)と、2拍子と3拍子の組み合わせだとタ・タタ(2+3)と感じます。

Ex.. ディヴ・ブルーベックの5拍子の「テイク・ファイブ」は3+2で感じ、9拍子の「トルコ風ブルーロンド」は2+2+2+3で感じます。


4.変拍子 Irregular time、Odd meter

 1つの小節または2つ以上の小節にわたって拍子が変化(規則的・不規則的)する拍子。

Ex..2 ストラヴィンスキーの「春の祭典」では小節ごとめまぐるしく拍子が変化します。またプログレシッブ・ロックにも多くみられます。

Ex.3 変拍子とはいえませんがフラメンコのシギリージャス(Siguiriyas)のリズムは6/8と3/4が交互にあらわれ、
    それとわかる拍子記号で表記されます。
    お互いの小節内の音符を8分音符で換算すれば、いずれにも6つの8分音符が存在することになるので、
    1小節の所有時間は同じです。

混合拍子と変拍子

 異なった単純拍子を組み合わせたものが混合拍子で、これが複数の小節にまたがり変化していくものを変拍子と呼ぶようです。
しかし、混合拍子も1小節という短い時間枠の中では拍子が変化しているわけですから変拍子の定義とも重複します。
5拍子や7拍子を変拍子と言う人もいれば、「いや、そうじゃない!」と言う人もいるわけです。