Locrian  ロクリアン


 

 ロクリアンはメジャースケールの7番目から始まる教会旋法で1、♭2、♭3、4、♭5、♭6、♭7という
きっつい響きのする構成音で成り立っています。。
keyCにすると、C、D♭、E♭、F、G♭、A♭、B♭となります。
(6番目から始まるエオリアンはナチュラル・マイナースケールと全く一緒なので、このギター講座では省略します。)


譜例1


ナチュラル・マイナースケールと比較すると特徴音は♭2と♭5とわかります。
とくに、♭2は主音と半音関係にあるので、強烈な個性を放っていますね。

音源1で主和音であるCm7(♭5)に対して、Cロクリアンがどのように響くか確認してください。


音源1

譜例2

 譜例2はCロクリアンのダイアトニックコードです。


図1

図1は6弦から始まるロクリアンのポジションです。


ロクリアン ハード・ロック風


 ロクリアンを使ってロック風リフ(譜例3)の上でアドリブをとってみました。
もちろん、特徴音である♭2と♭5の音にあたるレ♭とソ♭を意識して演奏しました。


譜例3


音源2


音源3はカラオケです。図1を6弦8フレットから弾くと、Cロクリアンになります。

音源3