スケール練習1  メジャースケール


メジャースケールを使用したスケール(音階)練習を紹介していきます。
ウォーミング・アップ、指板の各音を把握、様々なキーに慣れる、などの効用があるので重要です。
また、半音階を組み込んだりするとなかなかユニークなフレーズが作れます。

何はともあれ、Cメジャースケールです。
図1のCメジャースケールのポジションを使用して譜例1以降の練習を行ってください。
これに慣れたら様々なキーにも応用してください。

図1


譜例1

3度反復進行

譜例2

3連符の反復進行

譜例3

16分音符の反復進行

ここからはクロマチック(半音階)を組み込んだパターン


譜例4

8分音符4つがひとつのユニット。その内部の2つ目と4つ目の音が核音となっている。
その核音に向かって2度下降、半音上昇で装飾されている。核音はCコードのトライアド(ド、ミ、ソ)。

譜例5

16分音符4つが1つのユニット。半音下降、半音上昇、3度上昇のパターン。

譜例6

拍の裏にCメジャーコードの構成音(ド、ミ、ソ、シ)があります。それらに半音下から装飾。