Mixolydian  ミクソリディアン

ミクソリディアンはイオ二アン(メジャースケール)の5番目の音から始まる教会旋法であり、
1、2、3、4、5、6、♭7の構成音でなりたっています。
KeyCであれば、C、D、E、F、G、A、B♭となります。メジャースケールとの比較から特徴音は♭7とわかります。


譜例1


音源1


 音源1はCメジャーコード上でミクソリディアンが順次進行によって弾かれています。
♭7の音がにユーモラスに響くように感じられます。


図1

 図1は6弦から始まるミクソリディアンのポジションです。



譜例2

 譜例2はミクソリディアンのダイアトニック・コードです。
♭7の音の存在によって♭Z(B♭)という印象的なコードもあります。
実はこのコードをビートルズがけっこう使っていますね。有名なところでは「ヘイ・ジュード」のエンディングでのリフレインパターンです。
KeyCにすると、C→B♭→F→Cというコード進行が延々と続きます。おそらくそれ以前のポピュラー音楽にはなかった進行でしょう。



ミクソリディアン テイク・ファイブ風


 ミクソリディアンを使ってアドリブをとってみました。(音源2)
バッキングは5拍子のテイク・ファイブ風です。

譜例3

音源2

 音源3はカラオケです。図1を6弦の8フレットから弾き始めるとCミクソリディアンになります。
アドリブをとる際に♭7の音であるB♭を意識して弾いてみてください。

音源3