変化和音 ナポリの2


 ナポリの2はややこしい。
なぜなら、ナポリの6ともいったりするからだ。
どちらも同じものだが、呼び方が違う。
個人的にはナポリの2の方がわかりやすいので、こちらで話をすすめます。

 ナポリの2とは変化和音の一種で17世紀、イタリアのナポリの音楽家がよく使ったことから、こう呼ばれるようになりました。
心に迫る印象的な変化和音です。
端的に言えば、ナポリの2とは短調の音階上の2番目のコードの根音が半音下がったもの。

譜例1

 譜例1のa.が通常Aマイナーキーの2番目にできる3声和音であるBディミニッシュ、
b.はその根音が半音下がった(変化した)Bbメジャーコード、
c.はさらにb.の根音を1オクターブ上げた第1転回形と呼ばれるもの。
この第1転回形の場合の根音とトップの音程が6度関係になり、この転回形で使用されることが多いことから
ナポリの6とも呼ばれている。
時々「ナポリの6って何?」って質問されると一瞬説明に窮することがある。
これは2番目の和音の根音を半音下げて、さらに第1転回形にして・・・と、2段階で考えないといけないからだろう。

シンプルに覚えておきたいなら、ナポリの2がいいでしょう。
短調の主和音の半音上の根音を持つメジャーコード

 具体例をクラシックギターの定番エチュードから探しました。
譜例2はカルカッシの7番、後半のテーマに戻った部分。
2段目に突如現れる和音は、構成音からしてB♭メジャーコードらしいとわかる。
(第1転回形になっている)
本来このキーでの2番目の和音はBディミニッシュですがそのルート音(B)が半音下がるとB♭メジャーコードになる。
主和音(Am)から見れば半音上(短2度上)のメジャーコードとなり、ナポリの2度と解釈することができます。

譜例2 カルカッシのエチュード 第7番

 もう1曲はソルの有名なエチュード「月光」の1部です。

譜例2

 この曲のキーはBマイナーです。つまりこのキーにおけるナポリの2はCメジャーコードです。
短いエチュードですが、やはり曲の一番盛り上がるところで使われています。