フリジアン Phrygian

フリジアンの構成音は1、♭2、♭3、4、5、♭6、♭7です。
CフリジアンであればC、D♭、E♭、F、G、A♭、B♭となります。ナチュラル・マイナー・スケールとの違いは♭2だけです。
この♭2をフリジアンの特徴音とします。


譜例1


図2


フラメンコで使われるフリジアン


 フリジアンで印象深い音楽はやはりフラメンコです。
よく使われるkeyはEフリジアンです。(ミの旋法ともよくいわれます)
フラメンコギターはカポタストを多用するので、実際のkeyは変化しますがコードフォームはただ
平行移動するだけなので、やはりEフリジアンを演奏する感覚にかわりはないでしょう。
Cナチュラル・マイナー・スケールとの比較をわかりやすくするため譜例1ではCフリジアンでしたが慣用的にはkeyEにすることが
多いので以下、keyEでおはなしします。


譜例2 

 譜例2はEフリジアンです。Cメジャー・スケールの3番目の音から始まったとも考えられます。

譜例3

 譜例3はEフリジアンのダイアトニックコードです。


フリジアン フラメンコ風


 Eフリジアンでアドリブをとってみました。
コード進行はダイアトニックコードであるEm7とFM7の2コードを使い、リズムはフラメンコのソレアにしました。(譜例4)
特徴音であるファの音を意識して弾いています。(音源1)

譜例4

音源1

音源2

 音源2は譜例4のカラオケです。図1を5弦7フレットから弾き始めればEフリジアンになります。
2番目の音であるのファの音を弾くとフリジアンの雰囲気がでてくることに気づくでしょう。


注意  フラメンコのコード

譜例5

 譜例5は譜例4と同じリズムですがEマイナーコードがE(メジャー)コードになっています。
本来ダイアトニックコードではEコード(ソがシャープする)ではなくEマイナーコード(ナチュラルのソ)になるはずです。
しかし、フラメンコではこの変化させたE(メジャー)コードを使うのが流儀です。