2010年、スペイン・巡礼の道の旅は、続いていよいよポルトガルへと進んできました。       
ポルトガル語を話せないぼくの今回のポルトガル人とのコミュニケーションにおける戦法は次のようなものです。
「ノ アブロ ポルトゲス、ぺロ ウンポコ エスパニョール」
(ポルトガル語は話せません、でもスペイン語ならちょっと・・)です。
すると「バレ、バレ」(オーケー、オーケー、スペイン語で話せよ)と、いった状況にもちこむことができます。
スペイン語とポルトガル語は、かなり近い言語で国も隣同士なのでネイティブ同士だったらほとんど会話は
問題ないようですが、ノン・ネイティブのぼくにはなかなかポルトガル語の敷居は高いように感じます。
 またポルトガルでの英語の通用度は少し低く、ホテルと空港以外ではなかなか英語は使われていない印象をもちました。
(とくに後に立ち寄ったフランスではレストラン、土産屋でも結構、
英語が使われていたから余計そう感じたのかもしれませんが)
我ながら、なかなか使える戦法でした。

 ぼくの旅はそれほど時間のある長期の旅ではないので、自由な旅といっても事前の大まかなイメージするルートに沿って、
宿泊するホテルの場所をその日その日で微調整していくといったものです。
しかし、それでも家人と自分と旅のイメージの微妙な差異が化学変化を起こし、
とんでもないところに行き先が変わってしまうことが、時々ある。
だいたい、よい方向に転ぶことが多いが今回のポルトガルはその中でも心に残る特筆すべきものでした。
今回もまったく予定していなかった場所に行くことに・・。

4日目 変更の多い旅 ポルトへ

初日から変更・・

         

 昨夜はライトアップされて幻想的だったサンティアゴのカテドラルは翌朝には青空に突き刺すように凛としてそびえ立っていた。
ホテルの朝食をとり、チェックアウトをすませ出発の30分ほど前、カテドラルのまわりを散策したり土産物屋でおみやげを
買ったりして10:00過ぎ、ポルトガルを目指しサンティアゴを後にした。

 毎日、毎日の長距離の移動はさすがに、せわしない。
そこで、当初のプランではこの4日目はポルトガルのリスボンまで一気に移動してしまい、2泊してのんびりしようと考えていた。
しかしサンティアゴからリスボンまで直線でざっと500キロ。巡礼の道のことを思い出し、これもちょっとキツイかなと思い直し、
本日のリスボン行きは中止し、途中にあるポルトにあっさり変更することにした。(この日の移動距離は200キロ)
宿泊予定地は増えてしまったが、のんびりとしたドライブができる。
あえて高速道路を降り、スペイン側の国境の町、トゥイ(Tui)を走ったりしてみた。
ミーニョ川沿いにあり、パラドールもある素敵な町だ。
 再び高速道路を走っていると13:25国境を越えポルトガルに進入。
目的地ポルトが近くなってきたので下道におり、ゆっくり走っているとアウトレットストアがあったので立ち寄って
買い物をした。ポルトガルは革製品が安いようだ。
そうこうしてるうちにもう夕方だ。昼食のタイミングも逸してしまった。
ポルトに至るまでハンドルをにぎっていると右手には大西洋。沈みゆく太陽がまばゆい。

           


川の街、ポルトへ

 リスボンに次ぐポルトガル第2の都市、ポルトに18:00到着。
ドウロ川の北岸の丘陵地に築かれた起伏の多い街です。
人、交通量、せまい道路の路駐が夕方の時間帯もあり、たいへんなカオス状態。
それに加え、急な坂道ばかりには、いささか閉口。(久しぶりにマニュアル車の坂道発進が、ずいぶん鍛えられた)
この日もホテルの予約はとっていなかったので、夜の大混雑の街中をとにかくホテル探してぐるぐると。
iPhoneは使えるようになり現在位置はつかめるようになったが、とにかく自分の車を停める駐車場がまったくないのだ。
 1時間くらい同じような坂道を彷徨いながらも、ある細い石畳の通りに入ってみるとその先で、おじさんが手招きしている。
そこはほんとに小さな広場で、1台だけ駐車スペースがあり、「ここに入れろ」と教えてくれていたようだ。
しかし、どう見ても単なる路上駐車。
誘導してくれたおじさんは、駐車場を公的に管理してる人物のようにも見えないし、風貌がル〇ペンに見えなくもない。
お金を請求するでもなく、まったく個人的に趣味で交通誘導をしているのだろうか・・。
とりあえずお世話になったので2ユーロをお礼に手渡した。
車を停めた場所の前は床屋さんで、店の中の人も出てきてここは駐車していいよ、この先にホテルがあるよ、
など親切に教えてくれた。ポルトガルの人は実に優しい。
そこから石畳をスーツケースを引いてガラガラ歩いているとバターリャ広場にすぐ出てしまった。
路面電車も行き交う、賑やかな場所でホテルも数件あった。
今夜は「Quality Inn」というホテルに70ユーロで泊まることにした。

         
駐車場おじさん         

 チェックイン後、空腹のためポルトの街のレストランを探すが、なかなか見当たらない。
スペインの繁華街なら目移りするくらいレストランがひしめきあっているのに不思議だなと思いつつ、しばらく歩いていると
やっと店頭で肉を豪快に炭火焼している店を1軒発見したので、迷わずに入った。
今回の旅では豚肉をよく食べました。ポルトガルの豚肉はおいしい。


5日目 リスボンへ

 今日もよい天気だ。
ホテルで朝食、チェックアウトを済ませ、車のところに戻ってみると昨夜の駐車場おじさんが今朝もまじめに
(ぶらぶらと・・)勤務中だった。
表情は怒っているような、微笑んでいるような不思議な人だ。(きっと、よい人だろう)
車を出すときも誘導してくれたので、1ユーロを手渡し別れを告げて10:00、リスボンにむけて出発した。
今日の移動距離は約300キロ。
 
 今回の運転では縦長の形をしたポルトガルを北から南まで突っ切ったようなルートで走りましたが、
高速道路はたいへん走りやすいものでした。
しかし、スペインではほとんど、必要なかった高速料金がポルトガルではちょこちょこと徴収されます。
日本円でおそらく合計6、7千円くらいだったでしょうか。(クレジットカードで対応)
 
 13:00順調にリスボンに到着。
巨大なテージョ川流れる美しいポルトガルの首都、リスボンだ。
この街も坂が多く、人と車でごったがえしていて、駐車スペースに関してはポルト同様、最悪(停める場所がない)です。
まだ時間も早かったので、ホテルを決める前にレストランにいって腹ごしらえをすることにした。
 繁華街の急な坂をおりていくと、やがてテージョ川が見えてくる。
そこには観光船のフェリーターミナルがあり、唯一大きな駐車場があったので、とりあえず停めることにした。

         
リスボンにコルコバードの丘が         

 川を遊覧するフェリーに乗り込む人々は楽しそうだ。
フェリーターミナル付近はウッドデッキなっており、おしゃれなレストランもいくつかある。
テージョ川の向こう岸の丘には両手を広げたキリスト像(形はリオのコルコバードの丘のものとまったく同じ)が見える。
ここはブラジルのリオだろうかと、錯覚してしまう。川と思えぬ雄大で美しい景色だ。
「PRTOVGALIA」というシーフードレストランに入り、またしても豚のグリル、
エビ入りのトマトベースのソースにライスが添えられている日替わり定食、ミックスサラダを注文した。
エンパナーダとカニの甲羅グラタンもサービスでついてきた。どれもリーズナブルな値段でおいしかった。

 食後しばし、長大なテージョ川の川べりの気持ちよい散歩を楽しみ、今夜の宿探しに再び出発する。
今夜はポルトガルの音楽・ファドを聴いておきたかったのでファド・ハウスの多くあるバイロ・アルト地区の近くに
宿を借りたいと考えながら繁華街を駐車場探して、車を流した。
坂ばかりの狭い道路は途切れることなくびっしりと路上駐車の車が連なっていて、ホテルを探すというより
わすかでもいい駐車スペースを見つけるのに必死だった。
 1時間以上、運転しているとやっと前方に出て行く車があったので、すかさずそこに自分の車を滑り込ませた。

         
どこも車でぎっしり        Janelas Verdes 

 車を停めた場所の前には偶然にも1軒のホテルがあった。
呼び鈴を鳴らし、重厚な扉を開けてもらうとポルトガル美女のスタッフがおり、1泊130ユーロとのこと。
繁華街からちょっと離れていたので、少し高いかなと感じながらも、これも何かの縁。このホテルに泊まることにした。
外観はこじんまりとした、地味な4階建てのホテルと思いきや中は吹き抜けになった立派なつくりで、
家具や装飾品も高級感あふれる。
聞けば18世紀は宮殿として使われていたらしく、なるほどうなづける。
特に屋上のテラスからはテージョ川の夜景が一望でき素晴らしい。
「Janelas Verdes」という名のホテルで近くにはサントス駅がある。偶然に出会ったホテルでありましたが大満足です。

 チェックインし、ひと休みしてから夜のリスボンにくり出す。
1度、坂の街を行きかう路面電車に乗ってみたかったので、行き先もわからなかったがたまたまやってきた路面電車に
飛び乗った。
通り過ぎる景色を眺めているとまるでタイムスリップして中世の街中にいるような気分になります。
今も市民の足として重要なものなので、車の量もたいへん多いですが、両者うまく共存しています。
 10分ほどでどうやら終着駅に到着してしまった。
繁華街をはずれ住宅街に来てしまったようなので、そこでタクシーをひろい「賑やかな場所へ」と告げ
バイシャ地区のロシオ広場に連れていってもらった。
ショップもたくさんあり活気ある場所でしばらく散策していたが、ホテルで教えてもらったファド・ハウスの
ライブの時間が迫ってきたので再びタクシーに乗りバイロ・アルト地区にむかった。

         
     ファド・ハウス   べレンの塔 


 ファド・ハウス「A SEVERA」には20:30に入店し、ライブは21:00から。
薄暗い店内に案内されテーブルにつくと、ウエイターが大きなプレートに調理前のエビや貝やらの現物を見せにやってきた。
夕食はまだだったのでエビのボイルと、あさりのワイン蒸し、ミックスサラダとワインを注文した。
ちょっと料金は高いな、と思った。
 音楽が始まるまでに食事をしているとやがて9:00にライブがスタートした。
歌手は男性1人、女性3人の計4人。1人が2曲ほど歌うと、次の歌手へと交代していきこのローテーションを何度も繰り返す。
伴奏はギター2人と、ファドギター1人の3人だけ。
ファドは哀愁のある暗い曲ばかりと思っていたが、けっこう明るい曲もあった。
みなさん、うまいのだがまったくリズム楽器がないと子守唄のごとく聞こえてきてさらに
連日の運転とワインも手伝ってか眠たくなってきた。
2時間ほどがんばったが、ここであえなく睡魔には勝てず退散・・。ライブはこの後も続いていたようだ。

 明日はまったく予定していなかったモンサラーシュへ。


6日目 モンサラーシュへ

 出発前の予定では今日はスペインのアンダルシア地方に行くはずだった・・。

 旅行中の深夜、家人はインターネットで今いる土地のことをいろいろ調べていた。
そこで、ポルトガルで一番美しい村といわれるモンサラーシュという村を発見したようだ。
一番美しいといわれて、ぼくの食指も刺激されてしまった。
スペインが目と鼻の先にあるような国境沿いの小さな村でリスボンからは200キロほど東に走ることになる。

 予定は大幅に変わるが方角は間違っていないし、ホテルの予約もないしと安易に考えて
このポルトガルのアルト・アンテレージョ地方にあるモンサラーシュという村へ行く提案(予定変更)を受け入れることにした。
(マドリッドで借りたレンタカーは2日後、マラガの空港で返却することになっている)
 ホテルをチェックアウトし、車に荷物を積んだ後周辺を少し散歩し、近くにあるリベイラ市場をのぞいたりした。
乾燥したイチジクがずいぶん安かったので、おみやげ用に2袋購入し11:00に出発した。

橋に乗れない・・

 テージョ川は大きな河口になっていて2つの橋がかかっている。
1つは4月25日橋(22.2キロメートル)、もう1つはバスコ・ダ・ガマ橋でなんと全長17.2 キロメートル!
1998年に完成し、航海者バスコ・ダ・ガマのインド到達500年を記念してそう名づけられたそうだ。
ヨーロッパ最大のこのバスコ・ダ・ガマ橋を渡ったわけですがまあ、行けども行けども橋の上、川の上なのです。
ちなみにこれ以上、長い橋があるのだろうかと調べてみたら上には上がいるものですね。
アメリカのポンチャートレイン湖コーズウェイという橋が驚きの世界最長38.41キロメートル!!
ほぼ、この橋だけでフルマラソンができますね。いつか渡ってみよう。

 とにかく、モンサラーシュ方面に行くにはこのどちらかの橋を通過しなくてはならない。
はじめは、4月25日橋に乗ろうと考えていましたが橋の乗り口付近は一方通行が多く、目の前に橋は見えてはいるのですが
なかなかな乗れずリスボン市内の同じ場所を何度も行ったり来たり・・。
iPhoneの地図で現在位置を確認しながら走っていたが、ナビに若干のタイムラグがあったり、一方通行や複雑な交差点などの
おかげで、1時間半もの時間を浪費してしまった。
迷いに迷ったあげく、やっと乗った橋は目標としていた4月25日橋ではなく何故かバスコ・ダ・ガマ橋だった。

 結果、ヨーロッパ最長の橋を走ることができきて話のネタにもなってよかったんですが、・・つかれた。

         
 バスコ・ダ・ガマ橋    ルドンドの町    

 14:00過ぎ、リスボンから120キロの位置にあるルドンドという町に休憩と昼食のため降り立った。
この町は小さいが陶器作りで有名でいくつかの工房があった。
町の中央に駐車場があったのでそこに車を置くと、すぐ近くにおしゃべりしたそうなおばあちゃんがこちらをじっくり見ている。
陶器工房の場所を尋ねると、素敵な笑顔で丁寧(何度も)に道の説明をしてくれた。
少し歩けば小さなレストランや雑貨店の連なるところには、町の男たちがたむろしておしゃべりしている。
開いてるレストランを聞けば、2、3人の男たちが同時に、わーっと「ここがいい、あそこの店がいい」などと教えてくれる。
残念ながら時間が遅く、いくつかのレストランを回ってみたが昼食をとることができなかったが
みんな明るくて底抜けに優しい。
行き先を変更して、今日はここに泊まりたくなってしまったほどだ。町の酒場で飲めば楽しいだろうな・・。

 いくつかの工房をまわり、かわいらしい絵があしらわれたコーヒーカップを3つ買った。
皿などの食器類も充実していて他にも買ってみたかったが、あまり荷物も増やせないので我慢した。
1時間ほどこの美しい町で過ごし後ろ髪ひかれる思いで、目的地モンサラーシュを目指して出発する。

 ルドンドからモンサラーシュまでの100キロほどの道のりはほんとうの田舎道です。
見渡す限りの草原、そして時折あらわれる牧場の牛や羊や豚たち。
モンサラーシュから眺める夕日はきっと素晴らしいに違いない。太陽はかなり傾きつつあり、行き先を急ぐ。
目的地に近づくにしたがって緩やかな上り坂が続いているようだ。
 やがて小高い山の上に城壁に守られた夕日に染まる小さな町らしきものが遠くに見えてきた。

         
         

 18:00過ぎ、太陽が地平線にかくれてしまう最後の一瞬のようなタイミングに、モンサラーシュに到着。
そこには360度見渡せる視界の中に平原、湖、点在する家々の完璧なレイアウトが広がっていた。

 村全体は城壁で囲まれていて入口に駐車場があったのでそこに車を置いて、日が沈むのを眺めていた。
昼食は非常用にもっていた果物をとっただけだったので、かなり空腹だったがやはりホテルを決めてしまうのが先決だろう。
ホテルに関してはまったく情報をもっていなかったので、村の細い路地を歩きながら
目についた2軒のホテルの部屋を見せてもらい2軒目の
「CASA PINTO」というホテルが気にいったので、ここに宿泊することにした。
 ある意味今までで最も感銘を受けたホテルのひとつとなりました。
一言でいうと完璧なのだ。
何が完璧かというと、ホテルのコンセプト、各部屋のコンセプト、そして塵ひとつないような清潔さがである。
部屋は全部で5部屋しかなくどれもそれほど広いものではなかったが、
それぞれの部屋がインド風、アジア風といったようにきちっとコンセプトが決められていて
壁、ベット、バスルーム、電灯、装飾品の数々がすべてが見事に計算され配置されている。
 ぼくはインド風の部屋を選んだ。
部屋のひとつひとつの吟味されたであろう装飾品などを関心しながら、観察してみてもわずかなホコリすら
発見できないような繊細な気配りが感じられる。
ホテルオーナーの自己のコンセプトと、お客に対するもてなしの心がこんなにも高次元で両立している
ホテルを他に見たことがない。
もちろん、人それぞれ好みがあるでしょうが、部屋やエントランス、食堂の美しさにぼくはたいへん感動し
その後、旅行を終え日本に帰ってきてからもこのホテルの強い印象が時々、胸をよぎる。

             
 CASA PINTO            

 チェックインをすませホテルの近くで郷土料理を食べられるレストランを教えてもらった。
外へ出ると静かな村はさらに静かな闇につつまれていた・・。
歩いて数十歩のところに薦められた「LUMUMBA」というレストランがあった。
店内はあまり広くはなかったが観光客らしき人たちが10人ほどいたので賑やかだった。
郷土料理といわれた豚のグリルと、マトン(羊)のシチュー、そしてワインを頼む。
どちらもおいしかったが、マトンはけっこうな歯ごたえで独特のクセもあるので苦手の人も少なくないだろう。
ぼくは北海道育ちでジンギスカンを食べなれているので、むしろ肉はクセがあるくらいの方が好きです。

       
    マトンのシチュー   

7日目 マラガへ

 この日のモンサラーシュで見た朝焼けも鮮烈でまた格別だった。

「CASA PINTO」の朝食は派手なものではなかったが、焼きたてのパンはとてもおいしく
そして食材には身体によいものばかりを厳選しているように感じられる。
とくに、様々なチーズの中でもカマンベールチーズは今まで食べたカマンベールで一番だった。
朝食はスペイン人のオーナーが一人で給仕してくれるが、隅々まで温かい心遣いが行き届いている。

         
         CASA PINTOの小さな食堂

 10:20出発。マラガまでは、およそ450キロ。
モンサラーシュを出発してからしばらく山の中を走ることになる。
12:00バランコスという山間の小さな村で休憩。スーパーでワイン、蜂蜜、アーモンドを買う。
村を出る時、どうやら道を間違って細い路地に入りこんでしまった。
路地のつきあたりまで、いってしまうと、そこに住むおばあちゃんが出てきて親切に道を教えてくれた。
Uターンまで手伝ってもらって助かった。
12:30ポルトガルからスペインの国境を越える。

             
            国境を越える 

 14:00イグエラのレストランで昼食。
またしても、郷土料理は豚の煮込み料理だったが飽きることなく、おいしく食べた。
15:30セビーリャを通過。やっとマラガまで半分くらいきた。
ここらからは、広く走りやすい高速道路が続き、ずいぶんスピードがだせる。天気も最高だ。
マラガに近づくほどに景色が変化していく。
道の両側には今まで目にしなかった草木のない岩石ばかりでできた荒涼とした山々が次々とあらわれてくる。
実にアンダルシア的な情景。
車の中にいては潮の香りはしないはずだが、確実に海に近づいていることに嗅覚が反応しているような気がする。

 18:00地中海の街、マラガにたどり着いた。
ホテルの予約はなかったが、インターネットでアタリをつけていた海岸沿いのホテルを目指す。
高速道路をおりた時、安心からか不覚にも上着を脱いだとき、同時にシートベルトをはずしてしまっていたことを
忘れていた。
交通量の多い街中を走っていると、案の定そんな時にかぎって警察に見つかるのだ。
促されるまま、路肩に車を停め、国際免許証を提示した。
本来、切符を切られるところだろうが、言葉がまったくわからないふりをしていたら、お巡りさんも
面倒くさくなったのか、あきらめたのか、何事もなく見逃してくれた。グラシアス!
(スペインでもシートベルトはお忘れなく)
19:00探していた「La Chancla」というホテルに到着。
1階がレストランで2階が客室となっている小さなホテルだが目の前に地中海が広がっている絶好のロケーションにある。
1泊55ユーロと格安だが清潔な部屋。
マラガの中心地から少し離れているが民家やレストランの密集するきれいな海岸です。

         
    ハモンセラーノの山     マラガの市場

 ここマラガはピカソの生地で、ピカソ美術館など見るべきものたくさんありますが
明日はマラガ空港からパリに飛ばなくてはならないので観光はまったくできませんでした。
海岸を散歩したり、市場をのぞく程度です。
このあたりの海岸はコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)とよばれおよそ300キロの青く美しい海岸線が続く
ヨーロッパでも有名なリゾート地です。
いつかは、のんびり滞在したいものです。
それにしても、忙しい旅だ・・。


旅はフランス編へ続く