リズム


 リズムの基本のおはなしです。


図1

 図1は全音符から細分化されていく音符をあらわしています。
1番上の白玉を全音符といい、4拍(4分音符4つぶん)の長さをもちます。
2番目は2分音符といい、2拍(4分音符2つぶん)の長さをもちます。
3番目は4分音符といいます(4/4拍子では1小節に4つ、3/4拍子では1小節に3つ入ります)。
4番目は8分音符といい4分音符が2つに分割されます(イ・ト、二・ト、サン・ト、シ・トと発音するとわかりやすいです)。
5番目は16分音符といい4分音符が4つに分割されます(タタタタ、タタタタ、タタタタ、タタタタと発音するとよい)。

図2

 図2は16分音符系のバリエーションです。
それぞれをタタタタ、タータタ、タタター、タータ、タター、タタータと発音しますが覚えにくいようでしたら図のように言葉を当てはめてみるとわかりやすいでしょう。食べ物でまとめてみました。
16分系の下に奇数系の3連符も書いておきました。


メトロノームはたいせつ?

 一般的にリズム感がよいというのは、躍動感があるとか、ノリがいいなど、多くの表現があります。
生きた演奏は決して、メトロノームのような無機的なものではありません。
しかし、正確なリズムの理解と演奏力があってこそ、はじめて自由になれるものです。
好きな曲にあわせて練習するだけでは危険です。
なぜなら、リズムが曖昧のままなんとなく弾けた気分になってしまう可能性があるからです。
普段の練習には必ずメトロノームを使う癖をつけることが大切です。

リズム感の鍛え方

 必ずメトロノームを使用することを前提にしてください。

1.4分音符をメトロノームのBPM60くらいにあわせ、図1、図2のどのリズムでも瞬時に手で叩けるようにする。
2.1の練習ができたら、左手で左足のひざを4分音符で刻み、右手で右足のひざを上記リズムで自由に叩けるようにする。
3.1.2ができたら、どちらの足でもいいので、4分音符を踏みながら上記リズムでギターストロークやピッキング練習をする。

図3

 図3はストローク、ピッキングの際のアップ、ダウンの合理的パターンです。それぞれのリズムの連結、連続に有効です。
3連符は奇数なので連続する場合はダウン・アップ・ダウン、アップ・ダウン・アップの拍の頭で入れ替わるパターンか、
ダウン・アップ・ダウン、ダウン・アップ・ダウンの拍の頭で強制的にダウンにするパターンのどちらかでしよう。
曲のテンポや曲調によって使いわけられるようにしておきます。


注意点
 
 メトロノームを使いながらも自分のリズムが正しいのかが、わからない時は録音して客観的に聞いてみたり、
リズム感のよい人に聞いてもらい判断、補正してもらうとよいでしょう。
ありがちなミスで多いのは3連符がタタタ(トマト)ではなくタータタ(トーマト)やタタター(トマトー)になってしまうことです。
特に、直前に16分系のリズムを弾いていると、つられてこのような現象になることがありますが、ここはつられないよう正確なリズムを心がけてください。

 リズム感を鍛えていくことは器楽演奏、歌、すべてに共通した重要なことです。
歌を歌うにせよ、楽器で伴奏するにせよ、アドリブを弾くにせよ、正しいリズム感なしに成立するものではありません。
日常生活の中でも、テレビやラジオから流れてきた音楽が、これは4拍子かな?3拍子かな?ちょっとはねているから3連系かな?
などと、注意して聴く習慣も身につくとよいですね。