スケール1


メジャースケールとナチュラル・マイナースケール


 スケール(scale)とは音階のことです。もっとも代表的なメジャースケールとナチュラル・マイナースケールのおはなしです。
以外と曖昧に覚えている方も多いと思いますので、はじめに音名の異なる表記についてまとめました。


図1

 ド  レ  ミ ファ  ソ   ラ  シ  ド
 D  E  F  G  A  B  C
ハ   二  ホ  へ  ト  イ ロ   ハ


 図1の縦に並ぶ音名はすべて同じ音をあらわしています。たとえばドもCもハも実質は同じ音です。
たとえば、Cメジャースケールとハ長調の音階というのは同一のものといえます。(メジャースケール,長調とは明るい音階のこと)

ではCメジャースケールから。


譜例1 Cメジャースケール

 2度というのは隣り合った音の関係をあらわす用語です。同じ音程(例えばドとド)を完全1度というので音階を一段登っただけで
すでに2度といいます。ちなみにこの考えを基準にするとドとミの関係は3度、ドとファは4度・・という単純なことになります。
そして、2度には2種類あります。ピアノの鍵盤を見ると一目瞭然ですが、譜例1にある長2度の場所には黒鍵が存在し、
短2度の場所には黒鍵が存在しません(図2参照)

図2

 図3はギターにおける2弦の1フレットから始めるCメジャースケールです。
ギターの場合は、白鍵と黒鍵はなく、フレットはすべて短2度(半音)で刻まれています。
長、長、短、長、長、長、短の配列になっているのがわかると思います。

図3


譜例2 Aナチュラル・マイナースケール

 Aナチュラル・マイナースケールはCメジャースケールの6番目から始まるスケールです。
使っている音はまったく同じです。これを平行調の関係といいます。


譜例3 Cナチュラル・マイナースケール

 CメジャースケールとCナチュラル・マイナースケールは主音が同じことから、同主調の関係といいます。
この同主調の関係を使って書かれた曲はたくさんあります。



ポジション


図4 Cメジャースケール (6弦8フレットからはじめる2オクターブのポジション)

   

図5 Aナチュラル・マイナースケール (6弦5フレットからはじめる2オクターブのポジション)

   


図6 Cナチュラル・マイナースケール (6弦8フレットからはじめる2オクターブのポジション)

   


 図5と図6はスタートするフレットが違うだけです。
このようにギターは1つの運指パターンを覚えれば移調が簡単にできてしまう便利な楽器です。
しっかり練習すれば、初見演奏にもアドリブに役立つでしょう。