指板上の音を覚える


指板上の音を覚えることは当然、演奏行為全般に役立ちますし、コード伴奏の際の即戦力ともなります。
言語におけるコミュニケーションは、単語、お決まりの言い回し、文法などの要素から成り立っていますが、
楽器のどこに何の音があるかを理解することは、この場合の単語を覚えることに似ています。
とにかく、文法云々の前にある程度の単語力が必要なように。

 ぼくもギターを始めた頃は、タブ譜に頼っていたので、自分が今、何の音を弾いているのかよくわかりませんでした。
タブ譜は五線の楽譜を、ギターの指板に見立て六線にして数字を配置したもので、楽譜が読めなくても知っている曲ならば
弾けてしまう便利なものです。
しかし、数字で把握しているので音名がわからなかったり、音と音の高低関係や、
音の長さが理解しづらいといった弱点があります。
ロックのギターソロはばりばり弾けるのに、コードが全然ダメといった人も時々見かけますね。
おそらく、タブ譜だけを読んできたためでしょう。
指板の音を覚えることも、コードフォームを覚えることも集中してやればかなり短期間で
マスターできるのでもったいないことと思います。


世界が広がる


 指板上の音と、コードの基本フォームを覚える→コード譜の初見演奏ができる→コードの初見演奏ができれば・・・

・歌の伴奏が即興的にできる
・ジャズやブルースのセッションができる
・自分の弾きやすいポジションに変更できる
・曲を丸覚えする必要がなくなる
・知らない曲が弾ける

・・・など、結局はその他多くの技術をも身につけたことになります。
そして、一番の収穫は楽器に関係なく音楽を演奏する人同士のコミュニケーションがスムーズになるということでしょう。
自分の部屋の中だけで完結してしまう音楽ではなく、外に飛び出し世界を広げることができます。


図1

 図1が1フレットから12フレットまでの12音をそれぞれの音別にまとめたものです。
ギターは1フレットごとが規則的な半音の配列になっているので、1オクターブ内のすべての音を覚えるにはまず
1フレットから12フレットの範囲を覚えるようにするといいです。
13フレットから先は1フレットからの配置がまるまる1オクターブ上がっただけなので特別覚える必要はありません。


 覚えるための練習

 図をただ眺めているだけでは、覚えられません。

1.メトロノームを用意する
2.テンポ=60でCの音を6弦から1弦まで順番に弾く
3.その後、テンポを徐徐に上げていき120くらいを目標にする(速く弾ければ弾けるほどよい)
4.もちろん、段階的にすべての音を練習する(これは長期的でかまわない)


ポイント 1.指が指板の音をとらえる前に目線が先にそこにいくように!
        
         2.指板の音を覚えてコードフォームも作れるように!


 指板上のすべての音を覚えるまでの時間は、練習量や個人の能力とも関わりがあるので、一概にはいえませんが
数ヶ月といったところが平均的でしょう。(何年もかかるようでは、おそらく練習方法が間違っている)
この練習は頭に記憶させるというより、からだに叩き込むといった感覚で取り組むべきです。
また、練習を続けていれば、わかると思いますが音と音は無秩序に配置されているわけではなく、
関係を持ちながら配置されていることに気づきます。。
例えば、どの弦上にあってもCとDは1フレットをはさんだ隣同士であるとか。
この関係性も理解できてくると覚えるスピードもアップしますし、忘れにくくなります。

 苦しい修行と思わないこと。この練習を続けながら、実際の曲で、
これらのことを少し意識しながら楽しく練習することが大切。
目標はある音を出したい時に無意識に指がそこにいくことです。

 からだで覚えたことは一生忘れないことが多いですね。自転車に乗ったり、
泳いだりなどは一度できるようになったら習得過程を忘れたにしても、その運動だけはなかなか忘れないように。
ギターを弾いているならば、一生役立つ能力になることは間違いありません。