ツー・ファイブフレーズ メジャーkey

 ツー・ファイブ(U-X)とは、あるメジャーkeyにおける2番目と5番目のコードが連結される場合をいいます。
(ダイアトニックコードのページ参照)
keyCであればDm7-G7、keyGであればAm7-D7となるわけです。そしていづれもトニックであるメジャーコードに解決します。
ジャズなどではよく使われるコード進行なので、アドリブの時に使うフレーズをあらかじめ自分の引き出しに入れておきます(練習する)。


譜例1
 Am7とD7の構成音です。keyGのツー・ファイブなのでスケールはドリアンです。


アルペジオ(コード分散)

譜例2 すべてアルペジオのみでできています。
 

スケール(音階)

譜例3 すべてスケール的動きで、できています。

アルペジオ・スケール混合

譜例4 1,2、4は前半をアルペジオ・後半がスケール。3は前半がスケール・後半がアルペジオ。

半音階

譜例4 装飾的半音階を多用したもの。

なるべくわかりやすさのために、跳躍音程などは避けました。
ほんの一例です。各自、音の順番を入れ替えたり、反復したり、跳躍したりと作成してみてください。