ベトナムの旅

 2011年9月、ベトナムホーチミンを訪ねました。
成田からは直行便で6時間ほどのフライト。
3泊4日の旅程でしたが、思い立って出発の直前におさえたチケットだったので
1日目は夜遅く出発の便、4日目の帰国は朝早くといったスケジュールで、実質まるまる1日現地に滞在できたのは
なか1日だけというあまりゆっくりできない旅でした。

 日本との時差は2時間。ベトナムが2時間遅れということになります。
初日は現地に23:00の到着(シェラトンホテル泊)、ビールを飲んで寝るしかない。
2日目の朝7:00頃、ホテルでビュッフェタイプの朝食をいただく。
さすが、シェラトン。なかなかメニューは充実していてどれもおいしい。
とくに、ぼくはフォー(牛や鶏からとった透明あっさり出汁に平たい米麺が入ったもの)が
気に入ったので、注文してから作ってくれる鶏肉のフォーと、牛肉のフォーの2種類を
いただいた。1杯の量はそれほどでもないので助かる。
 今回は初めてのベトナムそして短い滞在ではありましたが、けっこうホーチミンの街を歩き回りました。
やはり、その中でも最も印象に残っているもののひとつには、とにかくみんな、
いたる所、あらゆる所でフォーをすすっている光景です。
街中にフォーの屋台があり、(正確にいうと屋台ではなく地べたに座り込んで最小の調理器具でたくましく
商売している)、あまり時間に関係なく誰か彼かそのまわりでフォーを食べている姿を目にします。
国民食とはよく言いますが、それ以上の呼び方はないだろうかと思えるほどの常食性とインパクトがありました。

     
   フォーの屋台  

 メコン川へ

 2日目の朝食の後、少し遠出するならこの日しかないので、メコン川クルーズができるという
ホーチミンから南西へ70キロの場所にあるミトーに行くことにした。
旅行会社の主催するホテルから送迎つきのいたれりつくせりのツアーもあったが、
そういうのにのっかるのも、つまらないと思いミトーまでは地元のバスを使い
自力で行くことにした。
ベトナム語は英語やラテン語系とは別系統なので、今回の旅では学習することをあきらめた。
覚えたのは「ありがとう」の意味の「カム オーン」だけ。
数字もわからなかったので買い物での値段交渉は紙に書いてもらって対応した。
英語も全く使えない地元の人だけのバスに乗り込むとは我ながら無謀だ。
自分の座席のまわりの乗客であるおばさんたちにガイドブックを見せ、「ミトー、ミトー」と
自分がミトーで下車したいことを強力にアピールしておいた。
 バスは都市と地方を結ぶ中距離バスといった感じで、巨大ホーチミンの雑踏を抜けると
比較的快適なハイウエイとなり景色は一転、のどかな田園風景へと変わっていった。
バスはかなりボロのマイクロバスで冷房の効きも悪かったが、そのうち、うとうとと寝てしまった。
1時間を少し過ぎたころだろうか。バス中のおばさんたちが「ここがミトーだ!」と全員で教えてくれた。
みんな優しい人たちばかりなのだ。無事目的地で下車。

       
細い支流をこんな船に乗って    そして雄大なメコン川に出る  

 バスを降りると、ゆるやかな下り坂になっていて船着場までは800メートルほどだった。
しばらく歩いていると、スクーターに乗ったベトナム人がやたらバイクに乗れと声をかけてくる。
どうやら、メコン川クルーズの営業活動のようだ。(ここは英語で対応)
とりあえず河畔まで歩いていき、クルーズをやっている会社を物色してみようかと考えていた。
しばらく無視していたがあまりのしつこさに、徐々に相手のペースに巻き込まれてきていた。
聞けばクルーズツアーの値段はメコン川にある主要な4つの島と、観光スポットをガイドつきで
まわってくれて35万ドン(1300円くらい)。値切るのが申し訳ないほど最初から激安だ。
この時期は特に超円高でもあったわけだが。
 容赦ない太陽が照り付けてきて、たまらなかったので「まあ、いいか・・」となかばなげやりに
交渉成立させ、彼のバイクの後ろに乗った。
久しぶりに50ccのバイクに乗った。しかもタンデム、ノーヘルで。
クルーズ事務所までの2,3分、風が気持ちよかった。
 メコン川の支流を小さな手漕ぎボートで下り、その後、重厚な茶色で濁った広大なメコン川を
モーターボートに乗り換え4つの島にそれぞれ上陸し、贅沢にも独り占めにしたガイドの説明を聞きながら
ゆっくり散策する。
昼食は水上レストランで名物のエレファント・フィッシュのからあげと、エビのボイルしたものを注文した。
店のおねえさんがエレファント・フィッシュの身をとりわけ香草と一緒にライスペーパー(春巻き)に包んで
呈してくれる。(うまい)
エビもすべて、おねえさんが目の前ですべて丁寧に殻をむいてくれる。(もちろんうまい)
恐縮だが、ぼくのすることといったら、水面から顔を出している睡蓮の花をぼんやり眺めながら
だされた料理を次々と口に運ぶことだけだ。

       
名物のエレファント・フィッシュ    エビもたらふく   

 食のチャレンジャー

 メコン川から再びバスに乗り、夕方ホーチミンに帰ってきた。
ホーチミンはとにかく巨大な都市で活力にあふれている。
降りたバスの停留所はかなりホテルから離れていたがデパート、商店、屋台がたくさんあり歩いているだけでも
なかなか楽しい。
東南アジア独特の饐えた湿気にじっとりとつつまれた街をあてもなくぶらぶらした。
 以前読んだ「夏の闇」、「輝ける闇」といったベトナムを舞台にした開高健の小説の中にただよっていた
けだるいこの街独特の空気感がなんとなく実感できたような気がする。

       
貝料理の屋台       

 18:00過ぎ、あまりにいいにおいがするいくつかの屋台が軒を連ねる一角にたどりついた。
ホテルに帰ってその近辺で夕食をとろうかと考えていたが、目の前にある色とりどりの食材の誘惑に
負け、自分のいた場所もよくわからなかったがここで一戦まじえることにした。
歩きつかれたし、タクシーの運転手にホテルの名前をつげれば確実に簡単に帰ることができる。
 とりあえず、ビール。ベトナムでビールを頼むとだいたい瓶ビールと氷の入ったグラスが運ばれてくる。
もちろん氷でビールの味は薄まっていくがこれがベトナム流のようだ。
そして貝料理の屋台の貝を全部端から注文し、屋根のないプラスチックの簡易的な席に
腰をおろした。
おばあちゃんが、それぞれの貝を簡易コンロの鍋で調理してくれ、どれもおいしい。
元来、ぼくは貝類が大好きだがここでの一番ははまぐりのスープ仕立てだった。
貝の身もさることながら、貝から出た出汁にレモングラスの香りが絶妙に調和し、
シンプルだったが感動的だった。
他のまわりの屋台からも色々、気になったものを注文する。
炭火で焼きたてのつくね、空芯菜の炒め物、ローストチキンetc。
旅先での食事ではたまに、はずすこともあるがここではまずいものは何もない、というか全部おいしい。
そしてどれも、量は控えめなので様々試せるのも、うれしい。

       
つくねと空芯菜    冷えたビールにさらに氷   

 ふと、向かいの席に座った若い女性が食べているものが気になった。
どうやら、卵を立てる器に乗ったゆで卵のようだが、そのゆで卵のとがった先端の部分を
スプーンでこんこんと叩いて割って、まず内部の汁をすすり、そしてうまそうに中の硬くなった部分をスプーンで
すくって食べている。ちらと見るとそのスプーンの上は少し黒っぽかった。
あれは、まさか・・・。以前テレビか何かで見た同じ光景の記憶が蘇ってきた。
 ここで、チャレンジしなくては後悔する。
好奇心の次に、根拠のない義務感がわいてきて、おそるおそる店の人にあれと同じものを、と注文した。
卵はすぐ運ばれてきた。女性客のやっていたように卵の殻を割ってみた。
すると・・・やっぱりあれでした。アレ・・。

       
やっぱり、ちょっとグロ・・・      

 これはベトナムやフィリピンでよく食べられているチュンビロンというものでした。
孵化直前のアヒルの卵を加熱したもので、もちろん内部は生まれてくる雛の様相に近づいています。
写真にとっておきながらそれを実際に目の当たりにするとなかなか、じっくり凝視できるものではありません。
およそ一般的に食べられているものであれば、ぼくは基本的に何でも食べられる自信があります。
(これは食べられないなあ・・と、思えるものはほとんどない)
それでも、一口目は目を閉じて、わずかの逡巡の後に勇気とともにエイっと口に放りこんだ。
・・・ゆっくりと噛みしめてみた。
通常のゆで卵と鶏の胸肉の中間あたりの微妙で独特な弾力の食感がある。
ホーチミンの雑踏の中で空中を見つめながら何とコメントしようか考えた・・・。
 「これから生まれてこようという直前のやつを、ゆでて食べてしまうのだから強い生命力と滋味を感じる。
かなりグロテスク、しかし茹でただけなのに何故だか料理としての風味と塩気をそなえていてうまかった。」
(精力がつきすぎてしまう気もするが・・)

ベトナムはうまかった

 3日目は、もう夜には帰途の飛行機に乗らなくてはならない。
しかし、この日も灼熱の暑さだが、ホテルでじっとしているわけにはいかない。
観光客より地元の人が多く利用しているという巨大なビンタイ市場にタクシーで行く。
日用雑貨、野菜、果物、肉、魚、乾物などの問屋が密集していてたいへんな賑わい。
歩いていると、果物や野菜はまさに南国独特のそれでどれも巨大で、鮮烈な色彩で目にとびこんでくる。
もちろん、生ものは持って帰れないので乾物や調味料などをおみやげに購入した。

 あっという間の3日間でしたが、よく歩き、よく食べた。
東南アジアの香草、とくにパクチー(コリアンダー)などは日本人には苦手な人が多いようですが、
とにかくベトナム料理にはこの香草類は欠かせないものです。
もともと東南アジア系の料理は好きでしたが、今回の旅を通してますます気に入ってしまいました。
それこそ、パクチーの香りには病みつきになりました。
日本に帰ってからはそれまで気にもとめていなかったパクチーが近所のスーパーに売っているのを発見した。
ビンタイ市場で大量に買ってきた極薄のライスペーパーにこのパクチーと、蒸し鶏、エビ、アボカドなどを
巻いて食べると最高においしく、そのひと時、東京でもベトナム気分を味わうことができます。
(しばらくこればっかり食べていた)

RETURN TO TOP